このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 活動と特色の中の 収集方針の中の 長谷川 利行「カフェの入口」 のページです。
本文ここから

長谷川 利行「カフェの入口」

更新日:2008年4月1日

はせがわとしゆき かふぇのいりぐち
昭和5年(1930年)キャンバス、油彩
60.3センチメートル×50.0センチメートル

長谷川 利行は、近代日本洋画のなかでも最も純粋なフォーヴィスム(野獣派)の作家の一人とされています。彼の生き方は、常識的な枠をはみ出した放浪型であり、浅草、荒川、新宿などの街をさすらいながら、「美」を捉えようとして飽くことがなかったと言われています。この作品は一見すると少々乱暴な筆遣いのようにも見えますが、むしろその奔放な筆勢の中に独特のリズムがあり、街なかの小さなカフェに寄せる画家の感情が伝わってくるようです。
長谷川 利行は明治24年京都に生まれ、大正15年に上京し二科展で樗牛賞を受賞するなど活躍しましたが、放浪の中で困窮した生活を送り、昭和15年板橋の養育院で亡くなっています。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.