このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 府中市美術館
  2. 活動と特色
  3. 施設概要・沿革
本文ここから

施設概要・沿革

更新日:2020年7月22日

府中市美術館について

画像 府中市美術館外観

 緑豊かな都立府中の森公園の中にある府中市美術館は、「生活と美術=美と結びついた暮らしを見直す美術館」をテーマに、2000年10月に開館しました。
 府中市美術館は、名作の鑑賞そして学習や創作、発表の体験を通じて、身近に美術と出会える場所です。美術館本来の使命である美術品の収集・保存・展示を活動の中心とし、また美術館ならではの教育普及活動を行っています。
 美術館の建物は、地上2階地下1階建てです。1階はどなたでも無料で利用でき、美術図書室や、作品発表の場としてご利用いただける市民ギャラリー、教育普及関係の施設、そしてミュージアムショップ、カフェなどがあります。2階は落ち着いた展示空間となり、江戸後期から現代にいたるコレクションを紹介する所蔵品展や、バリエーションに富んだ企画展をご覧いただけます。

活動内容

美術作品の収集・保管
美術作品の常設展示
美術文化に対する理解と親しみ、豊かな美意識をはぐくめる企画展の開催、子どもの鑑賞活動の養成
市民の活発な創作活動の発表の場としての市民ギャラリーの運営
社会教育機関や学校教育との連携、鑑賞講座や展示作品解説、美術書等の公開などを行う教育普及事業の実施
収集・保存・展示及び教育普及活動などに関わる調査研究活動
多くの市民参加を呼びかける、広報活動やコンサートなどの事業

施設概要

創作室・子ども造形室

創作室・子ども造形室は体験の場です。子どもから大人まで、幅広い層を対象としたワークショッププログラムを用意しています。

ワークショップを含む当館の教育普及活動については、教育普及のページをご覧ください。

公開制作室

公開制作室には作家が通って作品を制作します。現代を生きる作家の創作や思考の秘密に触れ、美術が生まれる現場に立ちあえるライブな空間です。

市民ギャラリー

作品の発表の場としてご利用いただけます。移動壁で天井高4メートルの空間を区切り、いろいろな美術作品の展示に対応します。

市民ギャラリーご利用案内は、こちらをご覧ください。

美術図書室

主に近・現代の美術に関する画集や美術雑誌、事典等を収集・保存し、公開しています。図書室内でゆっくりと閲覧できます(無料)。

美術図書室の概要は、こちらをご覧ください。

講座室

講演会やアーティストトークを行っています。

ミュージアムショップ

展覧会図録など当館刊行物、絵はがき、書籍、オリジナルグッズを販売しています。カタログ等の通信販売も承っております。

カフェ

府中の森公園の四季の移ろいを眺めながら、喫茶・軽食をお楽しみいただけます。

常設展示室・牛島憲之記念館

江戸後期から現代にいたる絵画を中心とした2200点を超えるコレクションの中から、常時60~80点程を選んで展示しています。

企画展示室

基本テーマ「生活と美術」を軸に、幅広い展覧会を展開しています。

美術館の建物について

建物は、光と緑にあふれる公園との一体化を目指して、高さを低く抑え、ライムストーンやガラスなど自然の素材を用いて、外部空間との視覚的連続性を作り出しました。

  • 敷地面積 7570.82平方メートル
  • 建築面積 3700.23平方メートル
  • 延床面積 7794.99平方メートル
  • 構造 鉄骨鉄筋コンクリート造、地下1階地上2階

沿革

  • 1983(昭和58)年4月 昭和44年、51年の長期計画に続いて、総合計画に「美術館の建設」が盛り込まれる。
  • 1986(昭和61)年4月 文化振興基金に美術品購入のための積み立てを開始。8月 市民参加による第一次文化懇談会から「美術文化の核となる美術館建設」の提言を受ける。
  • 1991(平成3)年3月 市民参加による第二次文化懇談会が美術館建設を提言。9月 市民参加による美術館建設検討協議会が「府中市美術館の基本構想について」を答申する。
  • 1994(平成6)年12月 文教委員会に美術館建設予定地を都立府中の森公園とすること、東北地方の個人が所有する近代洋画のコレクションを一括購入することが報告され、交渉が了承される。
  • 1996(平成8)年6月 文教経済委員会が、8度にわたる市民関係団体との懇談会を踏まえて修正された基本計画を了承。
  • 1997(平成9)年3月 文教経済委員会に、基本設計を報告。市議会が実施計画及び建設工事の予算を可決。11月 東京都が美術館の設置を許可(公園施設設置許可)。12月 建設工事着工。
  • 1998(平成10)年6月 洋画家牛島憲之の作品111点が遺族から府中市に寄贈される。
  • 1999(平成11)年9月 「府中市美術館条例」が市議会で可決、施行される。
  • 2000(平成12)年6月 建設工事竣工。10月14日 府中市美術館開館。
  • 2004(平成16)年10月 府中市制施行50周年記念「牛島憲之と昭和前期の絵画-抽象と具象のあいだ」展を開催。
  • 2009(平成21)年11月 府中市制施行55周年記念「ターナーから印象派へ 『光の中の自然』」展を開催。
  • 2010(平成22)年9月 開館10周年記念展「バルビゾンからの贈りもの―至高なる風景の輝き」を開催。
  • 2014(平成26)年5月 府中市制施行60周年記念「東京・ソウル・台北・長春―官展にみるそれぞれの近代美術」展を開催。9月 府中市制施行60周年記念「生誕200年 ミレー展-愛しきものたちへのまなざし」を開催。
  • 2019(令和元)年5月 府中市制施行65周年記念「棟方志功展」を開催。9月 府中市制施行65周年記念「おかえり 美しき明治」展を開催。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.