このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
本文ここから

袴田京太朗

更新日:2008年11月19日

制作の過程を見ることができます。公開制作プロセスのページをご覧ください。

通算44人目となる公開制作は、彫刻家の袴田京太朗(はかまた・きょうたろう)を紹介します。
 80年代後半から発表を始めた袴田は、家具や電気コードといった通常は彫刻に使われない素材を用いたり、表皮を裏返したような形態や上からのぞき込まねばならない形態、あるいは壁掛けによって周囲を回ることができない展示を試みるなど、「彫刻」のイメージをはぐらかすような軽妙な手法でつねに新鮮な彫刻体験を生み出してきました。そして近年では、側面を削った色とりどりのアクリル板を層状に重ねて人間、耳、家などの具体物をかたどった作品を発表して注目を集めています。
 今回の公開制作では、このアクリル板による作品の制作過程を公開します。一風変わったこの彫刻は、どのようなプロセスを経て完成にいたるのでしょうか。重ねられたアクリル板が作り出すストライプ模様やその鮮やかな輝きは目を楽しませるとともに、中身の仕組みをあらわにした姿が奥行きのあるふしぎな視線を誘うことでしょう。
 会期中にはトークやワークショップも行います。新たな時代の彫刻が生まれる現場にぜひお立ち寄りください。

会期:2008年11月15日(土曜日)から2009年2月1日(日曜日)まで
休館日:月曜日(11月24日、1月12日は開館)、11月25日、12月29日から1月3日、1月13日
開館時間:午前10時から午後5時まで
観覧無料

資材提供:住化アクリル販売 スミペックス

公開制作日

11月15日(土曜日)・16日(日曜日)・21日(金曜日)・22日(土曜日)・26日(水曜日)・30日(日曜日)、12月5日(金曜日)・6日(土曜日)・10日(水曜日)・14日(日曜日)

制作時間:正午から午後5時まで

ワークショップ

「わたしのかたち・あなたのいろ」
切り抜いたアクリル板に色をぬって、色と形のふしぎを体験してみましょう。
日時:11月24日(祝日)午前10時半から午後4時半
対象:小学生以上、20名まで
参加費:300円
申込方法:11月14日(当日消印有効)までに、往復はがきに住所、氏名、年齢、連絡先を書いて当館(〒183-0001浅間町1丁目3番)「わたしのかたち」係まで。申込多数の場合は抽選。

アーティストトーク

袴田京太朗自身が、作品についてお話します。
日時:1月12日(祝日)午後2時から
講座室にて、無料、予約不要

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

このページを見ている人はこんなページも見ています

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.