このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 公開制作の中の 公開制作関連情報の中の エフマッププロジェクト制作プロセス のページです。
本文ここから

エフマッププロジェクト制作プロセス

更新日:2012年6月29日

美術館前の桜の花びらが散りきった4月の週末から、スタジオMMM(エムエムエム)による「FMAP(エフマップ)プロジェクト」が始まりました。
地図完成までのプロセスを紹介していきます。

4月14日(土曜日)会場設営

初日は会場設営です。採寸して位置決めし、水平と垂直に気をつけながら、用意してきたカッティングシートで壁に大きな枠とスケジュールを貼っていきます。また長机(ながつくえ)に白い板を貼付け、8台並べます。周囲の表示類も統一し、プロジェクトの発信基地、アトリエが完成しました。

4月15日(日曜日)キックオフミーティング

今日からいよいよ本格始動です。午後3時からのキックオフミーティングには、地図作りへの参加希望者が 20名ほどが集まってくれました。まず、スタジオMMM(エムエムエム)の3人、企画協力者の萩原修さんから、プロジェクトのイメージや概要の説明をしました。参加者全員が自己紹介や抱負を語り、最後に地図についてフリートークをして、熱く解散しました。
次回4月28日(土曜日)・29日(日曜日・祝日)には、地図を持ち寄って、ディスカッションをします。地図は府中市に限らず、日本各地の地図、世界の地図、楽しい切り口の地図など、広く対象とします。一般参加の(かた)からの持ち込みも歓迎いたします。一緒に地図を読み解きませんか?

4月21日(土曜日)特別講座

特別講座として「地図の裏側へ」が開かれました。講師は、株式会社ゼンリンコミュニケーション本部セールスプロモーション部部長の白水公康(しろうずきみやす)(しろうずきみやす)さん。地図とは何か、地図の歴史といった基本情報から、ゼンリンの住宅地図の作り(かた)、オリジナル地図のいろいろ、地図の未来などを、豊富な事例と資料を使って、とてもわかりやすくお話ししてくださいました。特別ゲストとして地図の製作者が登場したり、ゼンリンの調査員への質問コーナーがあったり、地図の世界の広さと奥深さを実感する講座でした。

4月28日(土曜日)・29日(日曜・祝日) 地図収集分析

外国の色鮮やかな地図、日本の書き込みいっぱいの観光地図、なつかしい地図帳など、さまざまな地図をかかえた人々が、公開制作室を訪れてくれました。スタジオMMM (エムエムエム)の3人は、地図を読み解いたり、その土地の情報や思い出を聞き取ったり、熱心に対話していました。

5月3日(木曜・祝日)・4日(金曜・祝日) ワークショップ

 「地図作りワークショップ」では、府中市美術館周辺が載った白紙の地図に、参加者が自由に情報を書き込んでオリジナルの地図を作りました。こどもたちは自由に作図し、大人は飲食店情報などを交換し合いました。スタジオMMM (エムエムエム)の前で地図の解説をして終了。たくさんの地図ができあがりました。

5月19日(土曜日) 合同授業

 東京にしがわ大学との合同授業「地図を編集する」の日。講師のスタジオMMM (エムエムエム)、授業コーディネイターの萩原さん、そしてお手伝いのボランティアさん7名が、参加者25名をお迎えして、とてもにぎやかになりました。

スタジオMMM (エムエムエム)によるミニレクチャーの後、6グループに分かれて地図編集、制作が始まりました。府中市美術館を中心に半径1キロ、5キロ、25キロと縮尺を変えた3種類の地図をもとに、必要な情報をトレーシングペーパーの上に写し取り、また加えていきます。皆さん集中して取り組み、とてもすてきな6枚の地図が完成しました。

5月20日(日曜日) 編集方針会議

 静かな日曜日。昨日の疲れを残しつつ、スタジオMMM (エムエムエム)の3人は、完成地図について考えをめぐらしました。ワークショップ参加者やボランティアさんから追加の情報が届き、おだやかな対話の中から、次のステップが見えてきているようです。

ワークショップ等の地図は、公開制作室でご覧になれます。制作日以外の日も開室(かいしつ)していますので、お気軽にお寄りください。

FMAP STORE(エフマップ ストア)開店!
ミュージアムショップ内で、スタジオMMM (エムエムエム)のデザイングッズと推薦本を販売しています。
公開制作期間中の期間限定です。

6月2日(土曜日)・10日(日曜日)レイアウト、16日(土曜日)入稿?

いよいよ公開制作も大詰めとなりました。
特別講座やワークショップ、合同授業の成果、そして公開制作室を訪れた(ひと)びとからの情報が、たくさん集まりました。それらを一度整理し直して、スタジオMMM(エムエムエム)が、各自の地図のプランを詰めていきます。
3(めい)のデザイナーが異なる縮尺の地図を受け持つことが決まり、その縮尺と、地図を編集する軸との接点を探しながら、具体的なレイアウトを考えていきました。

6月26日(火曜日)会場設営

前日から始めていた会場設営には、ボランティアの(かた)も応援にきてくださいました。
物を運ぶ力仕事や、壁の位置決め、そのほかいろいろな作業を、快くお手伝いしていただき、大変助かりました。
2日間フルに作業をして、公開制作の作品展示会場が完成しました。

「地図」から「地域」を見直すこと

作品展示

  • 期間:6月27日(水曜日)から7月1日(日曜日)
  • 時間:午前10時から午後5時まで
  • 入場無料
  • 会場:市民ギャラリー、公開制作室 

6月27日(水曜日)の展示初日。午後から受付にボランティアのお二人が入ってくれました。
会場は、スタジオMMM(エムエムエム)による完成地図3点を中心とした作品展示と地図配布、公開制作全プロセス映像上映、スタジオMMM(エムエムエム)の過去の活動紹介で構成されています。

スタジオMMM(エムエムエム)」がデザインした地図は、「府中市美術館を始点」として府中・多摩地域を見つめ直したとき、この地域が、身近な自然と人々の豊かな暮らしがバランスよく共存した、魅力にあふれた場所であることを、明らかにしてくれています。
地図から広がる地域への視点を、ぜひ体感してください!

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.