このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 展覧会
  4. 開催中・開催予定の企画展
  5. メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年


サイトメニューここまで
本文ここから

メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年

更新日:2020年10月22日

画像 大小島真木《万物の眠り、大地の血管》
大小島真木《万物の眠り、大地の血管》2017年11月-2018年2月(公開制作72)

府中市美術館の公開制作プログラムは、全国的にみてもユニークな取り組みで、館内常設の制作室に美術家が通い、作品を作るプロセスを公開します。ここでは訪れた人々とのさまざまな交流が、そして数多くの作品が、生まれてきました。

開館20年の節目に開催する本展は、79組約100名の美術家たちの公開制作の記録と記憶、作品を再集結させるものです。会期中はトークや公開制作を行い、作品をつくる人と見る人がさまざまに交わって、展覧会を変化させていきます。

コロナ禍が続き、日常の行動様式のみならず、世界に対する私たちの態度にも変容が迫られています。そのようななかで、つくることに真剣に取り組む美術家たちの姿は、私たちに大きな励ましを届けてくれるにちがいありません。

この20年間に公開制作された作品は、21世紀頭の20年の美術表現そのものです。公開制作プログラムを振り返りながら、私たちの時代の美術をともに見てみませんか。

展覧会概要

会期

2020年12月5日(土曜日)から2021年2月28日(日曜日)

休館日

月曜日(1月11日をのぞく)、12月28日(月曜日)から1月4日(月曜日)、
1月12日(火曜日)、2月12日(金曜日)、2月24日(水曜日)

開館時間

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

観覧料

一般700円(560) 大学生・高校生350円(280) 中学生・小学生150円(120)
※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料
※府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」提示で無料
※常設展観覧料を含みます
◎2回目以降の観覧料は半額となります。

主催

府中市美術館

みどころ

・これまでに美術館で公開制作された作品約60点に加えて、制作時の資料やドローイングを展示します。
 絵画、彫刻、インスタレーション、写真、メディアアートほか、幅広いジャンルの作品が含まれています。

・4部構成で2000年代最初の20年の美術表現を振り返ります。

・制作映像やインタビューなど、美術家の創作に迫る貴重な資料を公開します。

展示参加予定作家(資料展示を含む)

池田光宏、O JUN、大小島真木、開発好明、利部志穂、金田実生、呉亜沙、黒川弘毅、児玉幸子、坂本桂子、サンドラ・ラモス、篠原有司男、スタジオMMM、曽谷朝絵、高嶋英男、鷹野隆大、中ザワヒデキ、袴田京太朗、長谷川繁、原田郁、バンドウジロウ、前沢知子、山口啓介、横尾忠則、ほか

公開制作配信特設サイト  外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。メイド・イン・フチュウ@チャンネル(外部サイト)


特設サイト メイド・イン・フチュウ@チャンネル

「公開制作」プログラムを、オンラインで配信します。
公開制作やアーティストトークなど、ふだんは作品の背後に隠れている生き生きとした動く時間を、体感してください。
美術館開館中は、イベントは館内で直接ご覧いただけます。
特設サイトへは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)からどうぞ。

関連企画

公開制作や作家のトークなど、作る立場から作品を見る体験ができるイベントを開催します。
展覧会が始まっても、会場の作品は変わっていきます。イベントの詳細は当サイトで随時お知らせします。イベントについてはインターネットでの配信を行う予定です。

記録集

20年分の公開制作がぎっしり詰まった記録集を刊行します。会場写真も収録。
デザイン:丸山晶崇 2021年1月末刊行予定

同時開催・公開制作

公開制作80 L PACK.

小田桐奨と中嶋哲矢によるユニット。アート、デザイン、建築などの領域を横断し、身の回りの道具と素材を組み合わせて、新しい風景をつくります。「メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年」と連動した内容となります。

同時開催・常設展

コレクション名作選II

江戸時代後期から現代まで、美術館の歩みとともに充実してきたコレクションから、これぞという名作を選りすぐって紹介します。

府中・多摩の美術探訪

明治時代の府中市の風景や、多摩地域にスタジオを持ち制作をした美術家たちの作品を紹介します。多摩地域というローカルな視野が、身近にある豊かな美術表現の土壌を気付せてくれます。

公開制作作家の作品たち

公開制作した作品ではないけれど、同じ作家による作品が、いろいろなご縁で収蔵されてきました。企画展とあわせてお楽しみください。

アクセス

〇京王線東府中駅北口から
徒歩 17分
ちゅうバス府中駅行き「府中市美術館」下車すぐ(8:05から30分間隔で運行、運賃100円)
〇京王線府中駅から
ちゅうバス多磨町行き「府中市美術館」下車すぐ(8:00から30分間隔で運行、運賃100円)
京王バス武蔵小金井駅南口行き(一本木経由)「天神町二丁目」下車すぐ
京王バス武蔵小金井駅南口行き(学園通り経由)「天神町幼稚園」下車徒歩8分
京王バス国分寺駅南口行き(東八道路経由)「天神町幼稚園」下車徒歩8分
〇JR中央線武蔵小金井駅南口から
京王バス府中駅行き(一本木経由)「一本木」下車すぐ
京王バス府中駅行き(学園通り経由)「天神町幼稚園」下車徒歩8分
〇JR国分寺駅南口から
京王バス府中駅行き(東八道路経由)「天神町幼稚園」下車徒歩8分
〇お車の場合は、美術館近くの府中市臨時駐車場(無料、54台収容)をご利用ください。

問い合わせ

ハローダイヤル050-5541-8600

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.