このページの先頭です


ページ番号:573910968

市民推薦による府中市制施行70周年記念顕彰 ~労働精励者・善行者をご推薦ください~

最終更新日:2024年5月15日

市制施行70周年を記念し、人目につきにくい分野で市政の進展、市民福祉の向上、産業経済の発展及び持続可能な社会をめざすSDGsに係る取組に功績があった方を、市民推薦により顕彰します。

対象

労働精励者

次の全てに該当する方

  • 3年以上継続して市内に居住している、または経験年数の大半を市内でその職業に従事していること
  • 令和6年4月1日現在、対象職種に原則20年以上従事していること
  • 優れた技能を有し、他の模範と認められること
  • 自営業又は中小企業基本法に定める中小企業に勤務していること

対象職種

  • 按摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、理容師、美容師
  • 鋳物工、鍛造工、機械工、プレス工、溶接工、鉄工、板金工、めっき工、電気機械組立・修理工、自動車整備工、自転車組立・修理工、時計組立・修理工、レンズ研磨・修理工、製糸・紡織工、洋服仕立て工、和服仕立て工、木工、木製家具・建具製造工、木製おけ・たる製造工、竹細工工、紙すき工、印刷・製本工、製革工、石工、塗装・看板工、漆器工、表具師、かさ・ちょうちん・うちわ製造工、貴金属・宝石等細工工、印判師、クリーニング・洗い張り工
  • 大工、屋根ふき工、左官、とび工、れんが積み・タイル張り工、配管・鉛工、畳工、電気工事工、植木職、造園師
  • 菓子製造工、めん類製造工、豆腐・こんにゃく製造工、酒類製造工、つけ物工、調理人
  • その他市長が適当と認めた職種

善行者(一般部門・SDGs部門)

次の全てに該当する方・団体

  • 市内を中心として善行に努め、特に他の模範となる者及び団体であること、又は、SDGsの推進に寄与する活動の市内における実績があり、他の模範となる者であること
  • 令和6年4月1日現在活動中であること
  • 次の基準期間以上を満たし、善行為又はSDGsに寄与する活動を行っていること

  【基準期間】
    ア)月に7日以上、かつ1年以上
    イ)月に4日以上、かつ2年以上
    ウ)月に1日以上、かつ3年以上

活動例(一般部門)

  • 公共物の愛護、公衆道徳の普及・実践
  • 交通安全、防犯及び防火等事故防止
  • 清掃美化や環境美化等の環境衛生
  • 自然や文化財愛護
  • 地域のスポーツや文化クラブ活動における子どもたちへの指導等
  • 社会福祉施設や一人暮らし高齢者等への慰問・奉仕活動、その他社会福祉
  • 隣人や友人等、周囲の人に対する援助・徳行等で功績のあったもの

活動例(SDGs部門)

SDGsに定める17のゴールに寄与する活動

【参考】SDGsに定める17のゴール
ゴール概要
1

あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

2飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
3あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
4すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
5ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
6すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
7すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
8包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
9強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
10各国内及び各国間の不平等を是正する
11包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
12持続可能な生産消費形態を確保する
13気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
14持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
15陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
16持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
17持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

実施要領

被顕彰者数

全功労分野で20名程度

被顕彰者の決定及び発表

市制施行70周年記念顕彰審査会による審査を経て、9月下旬までに推薦者及び推薦を受けた方にお知らせします。
審査結果により顕彰対象とならない場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

顕彰式

令和6年11月8日(金曜日)開催予定の市制施行70周年記念顕彰式における顕彰を予定しています。

推薦方法

実施要領をご確認のうえ、令和6年7月17日(水曜日)までに、所定の推薦書(又はLogoフォーム)に必要事項を記入等し、提出してください。

注記:推薦は、市民(市内在住、在勤、在学の個人。ただし推薦を受ける方と同一世帯の方を除く)による他薦とします
注記:個人情報を取り扱うこととなりますので、推薦を受ける方(団体にあってはその長)の同意を必ず得てください。推薦書の所定の欄に、推薦を受ける方の自署をお願いします。(Logoフォームで推薦する場合は、後日、推薦を受ける方に市役所から確認の連絡をさせて頂きますので、ご承知おきください。)
注記:活動をとりあげた新聞記事、業界内コンクールの賞状のコピーや写真など、功績内容が客観的に判断できる資料があれば、なるべく添付してください。
注記:過去に市から同一の功労分野で同一の顕彰を受けている場合は、再顕彰は行いません。
注記:応募書類は返却しません。

推薦書

申込Logoフォーム

書類提出先

推薦書を書類により提出する場合は、郵送または持参にて下記までご提出ください。

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地 政策経営部秘書広報課秘書担当(おもや4階)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。 Get Adobe Reader

お問合せ

このページは政策経営部 秘書広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市民表彰

サブナビゲーションここまで