このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

府中きらりライフ
  • 探す
  • 投稿する
  • 特集
  • イベント
  • 府中市トップページへ
本文ここから

下河原緑道

更新日:2016年4月1日

多摩丘陵を臨む南北へ続く道

画像 下河原緑道
下河原緑道

昔は砂利を運ぶ鉄道が通っていました。

今から遡ること、約100年。1910(明治43)年に、府中市域ではじめての鉄道である東京砂利鉄道が敷かれました。東京砂利鉄道は、多摩川の砂利採取・運搬を目的に国分寺・下河原(しもがわら)間に開通しました。その後は、東京競馬場の開設に伴う競馬開催時の乗客輸送や、国分寺・東芝間における通勤者専用電車の運行が行われましたが、昭和48年の武蔵野線開線により、旅客運転が廃止され、その3年後には貨物運転も廃止されました。現在では、その跡地が自転車・歩行者専用道「下河原緑道(しもがわらりょくどう)」として整備されています。現在でも、一部では2本のレールが路面に埋め込まれて残っています。

散歩道に最適です!

自転車通勤で通る(かた)やサイクリングを楽しむ(かた)、散歩をする方など、さまざまな方々(かたがた)がこの緑道(りょくどう)を使っています。多摩丘陵を臨み、田園風景の中を南北に走る道では、四季折々の花や木を楽しむことができます。

アニメ「ちはやふる」にも登場!

下河原緑道(しもがわらりょくどう)は、府中が舞台となったアニメ「ちはやふる」にも登場します。ちはやふるは、競技かるたを題材としたアニメですが、その第3話で、主人公の綾瀬千早と、その師匠である原田先生が並んで歩くシーンで使われています。
歴史の深い下河原緑道(しもがわらりょくどう)。みなさんも天気の良い日に散歩されてみてはいかがでしょうか。

基本情報

所在地

府中市寿町3丁目から南町4丁目

アクセス

JR府中本町駅より徒歩5分 (寿町3丁目の起点)
京王線中河原駅より徒歩8分(南町4丁目の終点)

テーマ

ドラマ・アニメの舞台を巡る

ジャンル

自然・公園

お問合せ

このページは政策総務部 政策課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

きらり☆府中 魅力発信プロジェクト推進委員会

(事務局) 府中市政策総務部政策課

〒183-8703 府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-335-4010、4006
ファックス:042-336-6131
e-mail:kikaku10@city.fuchu.tokyo.jp
フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.