このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

府中きらりライフ
  • 探す
  • 投稿する
  • 特集
  • イベント
  • 府中市トップページへ

現在のページ

  1. きらり府中
  2. 特集
  3. 工場売店限定!できたての○○を食べよう
本文ここから

工場売店限定!できたての○○を食べよう

更新日:2016年11月10日

青木屋 郷土の森工場売店

青木屋とは?

青木屋は、古くから府中に店を構えている老舗のお菓子屋さんです。
「武蔵野日誌」や「日々是くろどら」といえば、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
府中観光協会が「府中ならでは」の商品を推奨品として認定している「府中太鼓判」にも、多くの商品が認定されています。

青木屋の創業はなんと1893年!
大國魂神社の境内で万頭(まんじゅう)の商いを始めたのが、お菓子屋さんとしての始まりだそうです。
現在、本店は府中駅前のフォーリスの1階にあります。

さて、府中に縁の深い青木屋ですが、商品を製造している工場が府中市の郷土の森公園近くにあるのをご存知でしょうか。
なんでも工場には売店が併設されており、限定のお菓子もあるとか・・・!
真相を確かめるべく、噂の現場に行ってきました。

工場直売!お菓子のアウトレット

「郷土の森公園入口」の交差点から、交通遊園の北側に沿ってしばらく西へ進むと・・・左手に青木屋の工場と売店を発見!
おなじみの看板と暖簾が出迎えてくれました。

画像 工場売店入口


工場の操業開始は1969年、工場売店の営業開始は2001年、工場も売店もすっかり地元の顔となっているようです。

店内に入ると、定番商品から季節商品まで、様々な商品がズラリと並んでいます。

画像 工場売店店内


しかし、工場売店のすごいところはそれだけではありません。
工場売店では、製造過程で余分に出てしまったり、商品の特性上、正規品としては売れなかったりするお菓子を「アウトレット商品」として販売しているんです!

NHKのあさイチでも取り上げられた「ミニバーム」

自分だけの味をつくることができる「どら焼きの皮」と「つぶ餡」

どんな商品が並んでいるかは、その日のお楽しみ。
これを目当てにしてか、工場売店には、なんと1日に約100人もの人が訪れるそうです。
おいしいお菓子がお(とく)に楽しめるなんて、これだけでも嬉しい限りですが、店内にはさらに目を引くものが・・・。

工場売店でしか味わえない!!できたて武蔵野日誌

青木屋で最も人気のある定番商品「武蔵野日誌」。通常はバームクーヘンの中に入っているクリームを冷やし固めてから、販売されています。

しかし、工場売店では、工場でできあがったままの状態で商品を販売することができるため、できたてを口にすることができます。それが「できたて武蔵野日誌」です!

気になるその味わいは、通常の武蔵野日誌とは全く異なり、ほんのりと温かくふわふわに焼き上がったバームクーヘンと、トロトロにとろけるクリームが口の中でほどよい甘さに混ざり合い、なおかつ絶妙な食感に仕上がっています。

まさに「工場売店でしか味わえない」特別な味わいです!!


2016年7月6日から販売を開始したばかりの「できたて武蔵野日誌」。ご存知ない(かた)も多かったのではないでしょうか。

「できたて武蔵野日誌」は、週に2~3回ほど、工場で武蔵野日誌が製造される日に販売されます。
直近の販売日は、工場売店のポスターや青木屋のホームページで確認することができます。
販売時間は11時からですが、12時から13時頃には販売終了になるそうなので、「できたて」を味わいたい方は、ぜひお早目に!

工場を見学させてもらいました!

小さな筒形(つつがた)の中においしさがぎゅっと詰め込まれた「武蔵野日誌」。
いったいどうやって作られているか気になりませんか???
そこで、工場で商品を製造しているところを見学させてもらいました!

バームクーヘンの生地を練っているところ。
各工程の仕上げは必ず人の手が必要になるそうです。

バームクーヘンを焼き上げているところ。
その日の気温や湿度で細かい温度調整が必要になるそうです。
5層に焼き重ねられた生地がフワフワの食感を生み出します。

焼き上がったバームクーヘンを切り分けているところ。
手作業で切られたバームクーヘンが、トレーに並べられていきます。
ここで出たバームクーヘンの切れ端は、アウトレット商品として店頭へ・・・。

バームクーヘンに注入するクリームをつくっているところ。
今日は定番の「チョコレート」。もう一つの定番の「ホワイト」のほか、「オレンジ」や「ストロベリー」など季節の味をつくっています。

バームクーヘンにクリームを注入しているところ。
今にも口の中でとろけそうです。

商品ができあがる工程を見ると、一層おいしさが引き立ちますね!

店舗情報(青木屋 郷土の森工場売店)

所在地

183-0026
東京都府中市南町6丁目12番地の1

営業時間

午前10時から午後3時まで

注記:できたて武蔵野日誌の販売は午前11時から(販売日のみ)

問合せ

電話:0120-16-3008(フリーダイヤル)

青木屋ホームページ

お問合せ

このページは政策総務部 政策課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

きらり☆府中 魅力発信プロジェクト推進委員会

(事務局) 府中市政策総務部政策課

〒183-8703 府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-335-4188
ファックス:042-336-6131
e-mail:kikaku10@city.fuchu.tokyo.jp
フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.