このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

空き家改修費補助事業

更新日:2016年12月26日

空き家改修費補助事業の概要について

府中市では、空き家の利活用等を促進するため、住宅を確保することが難しい世帯(住宅確保要配慮者)の入居を条件に、空き家に対して所有者が行うバリアフリーまたは子育てに配慮した改修工事の費用の一部を補助します。
住宅確保要配慮者とは、高齢者世帯、障害者世帯、子育て世帯等をいいます。

対象となる工事

市が指定するバリアフリーまたは子育てに配慮した改修を対象とします。ただし、補助金の交付を申請した年度の2月末日までに改修工事が完了する必要があります。

注意:対象工事の詳細は、府中市空き家改修事業補助金交付要綱の別表第1及び第2をご参照ください。

補助額

補助金額は、対象工事費の2分の1で上限は50万円です。

補助の対象となる方

府中市内に空き家を所有する所有者等であり、次の要件のすべてに適合する方

  • 市税を滞納していないこと
  • 暴力団員でないこと

補助対象となる住宅

補助対象住宅として認定されるためには、次の要件のすべてに適合する必要があります。

住宅の条件

  1. 市内の空き家(1年程度使用されていないこと)
  2. 建築基準法に適合する建築物であること
  3. 昭和56年6月1日以降に着工した建築物、または耐震診断や耐震改修で耐震性が確保されていること
  4. 1戸あたりの床面積が25平方メートル以上で、台所、水洗便所、収納設備、洗面設備及び浴室を有すること

その他の条件

  1. 補助を受けた住宅は、改修工事完了の日から10年間は住宅確保要配慮者向けの賃貸住宅として募集をすること。ただし、1年以上入居者が確保できない場合は、住宅確保要配慮者以外の方の入居も可能となります。
  2. 改修工事を実施した住宅には、所有者の三親等以内の親族を入居させないこと
  3. 改修工事を実施した住宅は、住宅確保要配慮者向けの賃貸住宅とすること
  4. 住宅の家賃を、近隣の相場以下に設定すること
  5. 改修工事を実施した住宅が建築基準法に適合していること
  6. 補助対象となった住宅について、府中市のホームページで公開することを承諾すること

入居状況の報告

  1. 補助金の交付を受けたものは、改修工事完了後10年間は、賃貸借契約を締結した場合すみやかに市長に報告すること
  2. 毎年度末日までに、改修工事を実施した住宅の3月1日時点の入居状況等について市長に報告すること

その他

  • 補助金の申請は、必ず改修工事前にご申請ください。改修工事後の申請は受付できません。
  • 改修工事を中止や工期に完了しない、申請と違う内容の工事を行った等の違反行為があった場合は、補助金の交付を取り消し、補助金の返還を求めます。

要綱等

補助金の詳細は、府中市空き家改修事業補助金交付要綱をご参照ください。

問合せ

生活環境部住宅勤労課
電話:042-335-4457
FAX:042-365-0589

関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは生活環境部 住宅勤労課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.