このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

ユニバーサルデザインガイドライン

更新日:2010年2月4日

府中市では、はじめからあらゆる方法でバリア(障壁)を生み出さないようにし、すべての市民が安全で快適な生活を営むことができる良好な生活環境を創出するための、ユニバーサルデザインガイドラインを策定しました。

ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは、年齢、性別、国籍、個人の能力にかかわらず、はじめから、できるだけ多くの人が利用可能なように利用者本位、人間本位の考え方に立って快適な環境をデザインすることです。

ユニバーサルデザインの7つの原則

ノースカロライナ州立大学のロナルド・メイスらによって、次のような原則が提唱されています。

原則1 公平性

だれもが公平に利用できること

原則2 柔軟性

利用者に応じた使い方ができること

原則3 単純性と直感性

使い方が簡単ですぐ分かること

原則4 安全性

使い方を間違えても、重大な結果にならないこと

原則5 認知性

必要な情報がすぐ理解できること

原則6 効率性

無理な姿勢をとることなく、少ない力でも楽に使えること

原則7 快適性

利用者に応じたアクセスのしやすさと十分な空間が確保されていること

施設整備における5つの視点

府中市では上記の原則をふまえ、ユニバーサルデザインを基本としたまちづくりを進めるため、より簡易な5つの視点

  • 公平(だれもが同じように)
  • 簡単(容易に)
  • 安全(危険なく)
  • 機能(使い勝手よく)
  • 快適(気持ちよく)

を設定し、建物のアプローチや出入口など生活に密着している6つの整備箇所について留意点を示したガイドラインを作成しました。

このガイドラインを利用し、身近な建築物のチェック等に幅広くお役立てください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは福祉保健部 地域福祉推進課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.