このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

府中スマートインターチェンジ

更新日:2014年9月11日

スマートインターチェンジとは

スマートインターチェンジとは、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バスストップから乗り降りができるように設置されるインターチェンジであり、通行可能な車両(料金の支払い方法)を、ETCを搭載した車両に限定しているインターチェンジです。利用車両が限定されているため、簡易な料金所の設置で済み、従来のインターチェンジに比べて低コストで導入できるなどのメリットがあります。
詳しくは「国土交通省」のホームページをご覧ください。

府中スマートインターチェンジの設置目的

府中市南部を東西に貫く中央自動車道は、日交通量が8万台を超えるにもかかわらず、比較的インターチェンジ間隔が長いため、既存のインターチェンジ(調布インターチェンジ、国立府中インターチェンジ)に交通が集中し、国道20号を始めとする周辺道路の慢性的な混雑を招いています。
そこで、既存の中央道府中バス停を活用した新たな出入口を新設することにより、高速道路へのアクセス性が強化され、地域の利便性が向上し、さらに、既存のインターチェンジの交通が分散され、国道20号などの周辺道路の混雑緩和が期待できます。

計画概要

設置位置

中央自動車道府中バス停付近
中央自動車道府中バス停は、調布インターチェンジから山梨方面に約3キロメートル、国立府中インターチェンジから都心方面に約6キロメートルの位置にあります。府中スマートインターチェンジは、この府中バス停の加速・減速車線、高速道路の斜面を活用して、山梨方面の出入口の整備を予定しています。

接続

  • 中央自動車道下り線に、山梨方面への入口を設置し、都道川崎府中線から府中バス停に接続。
  • 中央自動車道上り線に、山梨方面からの出口を設置し、府中バス停から市道を経由して、都道川崎府中線に接続。

対応車種

ETC車載器搭載の全車両

運用時間

24時間

府中スマートインターチェンジ地区協議会構成

  • 国土交通省
  • 東京都
  • 府中市
  • 中日本高速道路株式会社

お問合せ

このページは都市整備部 土木課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.