このページの先頭です
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで
本文ここから

府中市のオリンピック・パラリンピック教育

 東京都教育委員会は、東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会を、子供たちの人生にとってまたとない重要な機会と捉え、「東京都オリンピック・パラリンピック教育」を都内全ての公立学校で展開することとしています。
 このことを踏まえ、府中市教育委員会では、全市立学校でのオリンピック・パラリンピック教育の充実のための取組を推進しています。

府中市のオリンピック・パラリンピック教育

1 基本的な視点

(1)全ての子供が大会に関わる
全ての子供が、オリンピック・パラリンピックに何らかの形で関わり、それらを通して、オリンピック・パラリンピックの価値や意義を学ぶ機会を創出します。
(2)体験や活動を通じて学ぶことを重視する
子供たちがオリンピック・パラリンピックについての知識を学ぶだけでなく、実際に体験や活動することを通じて学びを深めていくことを重視します。
(3)計画的・継続的に教育を展開する
東京2020大会と、更にその先を見据え、計画的・継続的に教育を展開していきます。

2 取組の概要

 オリンピック・パラリンピックを全ての教育活動の様々な教育実践に関連付け、学校全体で組織的・計画的に展開します。
(1)基本的な枠組み 4×4の取組
「オリンピック・パラリンピックの精神」「スポーツ」「文化」「環境」の4つのテーマと、「学ぶ」「観る」「する」「支える」の4つのアクションを組み合わせた取組(「4×4の取組」)を推進します。

画像 取り組みについての説明
4×4の取組

(2)育成すべき資質
 4×4の取組を推進する中で、5つの資質を重点的に育成します。

  • ボランティアマインド
  • 障害者理解
  • スポーツ志向
  • 日本人としての自覚と誇り
  • 豊かな国際感覚

3 具体的な取組
(1)「4×4の取組」の視点に基づく授業の実施(年間35時間程度)
(2)オリンピック・パラリンピック参加予定国・地域について幅広く学び、学んだ地域との交流へ発展させることを目指す取組(世界ともだちプロジェクト)
(3)オリンピアン・パラリンピアンなどのアスリートとの交流や外国人との異文化交流、日本の伝統文化を学ぶ機会の創出(夢・未来プロジェクト等)

府中市のオリンピック・パラリンピックに関する情報
府中市立小学校において、東京2020大会マスコット選定における投票を実施します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで
以下フッターです

府中市教育委員会

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-335-4424(HPに関する問い合わせ)
e-mail:gaksoumu01(at)city.fuchu.tokyo.jp
注記:(at)を@に替えてご使用ください。
教育委員会・幼稚園・学校に関するお問い合わせ 文化・スポーツ・生涯学習に関するお問い合わせ
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.