このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
本文ここから

美術館講座

更新日:2016年10月16日

府中市美術館では、学芸員の調査研究の成果を公開するとともに、外部講師を招き、毎年度(まいねんど)テーマを設けて連続講座を開催しています。なお、平成24年度から、アートスタジオのワークショップとしてトークプログラムをスタートしました。

アートスタジオ・トークプログラム「3.11以後の日本のアート」

アートスタジオ・トークプログラムでは、鑑賞を通して美術の理論を学びます。平成28年度のテーマは「3.11以後の日本のアート」です。同時代である2010年代のアートとは?6つの言葉から、現代美術の動向について考えます。若手批評家の勝俣涼氏から具体的な作家を取りあげていただきます。初めての人にもわかりやすく、スライドを使って学びます。最新のアートについて楽しく語りあいましょう。通しはもちろん、途中からや一回だけの参加もできます。予定は変更になる場合がありますので、事前にホームページ等でご確認のうえ、ご来場ください。

日時

毎月の土曜日(主に最終週)午後2時から4時まで

場所

創作室

対象・費用

一般向き・無料

日程と内容(予定)

  • 10月29日(土曜日) 第1回 「コンセプチュアル・アート」
  • 11月19日(土曜日) 第2回 「ビデオ・アート」
  • 12月10日(土曜日) 第3回 「リレーショナル・アート」
  •  1月21日(土曜日) 第4回 「メディア・アート」
  •  2月25日(土曜日) 第5回 「グラフィティ・アート」
  •  3月25日(土曜日) 第6回 「ソーシャル・アート」

講師

武居利史(当館(たけいとしふみ とうかん)学芸員)・勝俣涼(かつまたりょう)(美術批評)

参加方法

当日直接会場へ

これまでのアートスタジオ・トークプログラム

平成27年度 「戦後70年の日本美術」

武居利史(当館学芸員)
平成27年度年間プログラム

平成26年度 「日本近代美術を知る~コレクションから探る歴史」

武居利史(当館学芸員)
平成26年度年間プログラム

平成25年度 「アート/ソーシャル―美術と社会の新たな空間」

武居利史、小田マサノリ、近藤俊郎(としろう)、チバヒデトシ、開発好明(よしあき)
平成25年度 年間プログラム

平成24年度 「美術における夢」

武居利史、アライ=ヒロユキ、音ゆみ子
平成24年度 年間プログラム 平成24年度 年間プログラム(続き)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.