このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 公開制作の中の 公開制作一覧の中の 公開制作73 金田実生 青空と月 のページです。
本文ここから

公開制作73 金田実生 青空と月

更新日:2018年4月12日

公開制作73 金田実生 青空と月

金田作品画像「そら言の人」
「そら言の人」木炭、紙 2013年 撮影:橋本憲一

冴え冴えと、青い空。いつでもうつくしく見えるもの。

うつくしい存在はごく自然に作り上げられ、そこで響き合っていた。

それは思いの外シンプルなものたちだった。(金田実生)


観察に基づいて、風景や植物やそれらの気配を、繊細に伸びやかに描く画家・金田実生。

公開制作では、美術館にしつらえたアトリエを拠点に、とりまく府中の森公園に足を伸ばしたり、

室内と戸外でのスケッチを丁寧に重ねていきます。

春から初夏へと風が湿り気や熱を持ち始める季節、その微細な変化に対する画家の感応の跡が、

アトリエいっぱいにひろがることでしょう。

日常に潜む見間違いに興を見出し描きとめられた画の、白昼夢のようなふわりとした心地と、

そこに仕掛けられた言葉遊びの数々を、しかとご堪能ください。

会期:4月21日(土曜日)から7月8日(日曜日)

休館日:月曜日(4月30日は開館)、5月7日(月曜日)から18日(金曜日)の展示替え期間

開館時間:午前10時から午後5時  観覧無料

会場:公開制作室

公開制作日時:

 正午から午後5時

 4月21日(土曜日)、22日(日曜日)、28日(土曜日)、29日(日曜日・祝日)

 5月6日(日曜日)、19日(土曜日)、20日(日曜日)、27日(日曜日)

 6月2日(土曜日)、10日(日曜日)

作品展示

 6月16日以降の土曜日と日曜日 午後1時から5時まで。この時間以外は、ガラス越しにご覧いただけます。

金田実生(かねだ みお) 

1963年 東京都に生まれる。1988年 多摩美術大学大学院修了。2005年 文化庁新進芸術家国内研修員。1980年代末より作品発表を始める。近年の主な展覧会に「アーティスト・ファイル2009ー現代の作家たち」(国立新美術館/東京 2009年)、「クインテット―五つ星の作家たち」(損保ジャパン東郷青児美術館/東京 2014年)、個展(ギャラリー・ハシモト/東京 2017年)。府中市美術館をはじめ、群馬県立館林美術館、文化庁、広島市現代美術館、徳島県立近代美術館に作品が収蔵されている。

ワークショップ 「私の線を集めよう」

日時:

6月16日(土曜日) 午後1時半から4時まで

講師:

 金田実生

定員など:

 小学生以上 定員15名 材料費300円

申し込み方法:

 往復はがき、またはメール(bijyutu02@city.fuchu.tokyo.jp)に、住所、氏名、年齢、電話番号、返信用宛名を記入して、当館「私の線」係へ。

申し込み締切:

 5月30日(当日消印有効)

アーティスト・トーク

日時:

 7月8日(日曜日) 午後2時から3時

場所、参加方法:

 講座室 無料 予約不要

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
このページのトップに戻る
本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.