このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 公開制作の中の 公開制作関連情報の中の 原倫太郎公開制作プロセス のページです。
本文ここから

原倫太郎公開制作プロセス

更新日:2017年10月18日

公開制作71原倫太郎「回転から、はじまる」の制作プロセスをご紹介します。

7月12日(水曜日)

資材等の搬入が完了しました。これから制作が始まります。

7月16日(日曜日)

制作が始まりました。部屋の大きさを測りながら、床に図を描いていきます。

7月17日(月曜日・祝日)

室内の測量が続きます。壁に器具を取り付け、テグス糸を張り始めました。

7月23日(日曜日)

壁に自作の器具を取り付け、テグス糸を張っていきます。透明なテグス糸が、部屋に広がっていきます。

7月29日(日曜日)

部屋を横断するテグス糸のレールが増えていきます。木材を適当な高さに切断し、ベルトに球を乗せて上方に運ぶリフトを製作しました。

8月6日(日曜日)

制作が進み、部屋中に糸が張り巡らされてきました。ときどき、球を転がして見せたりします。

8月12日(土曜日)・13日(日曜日)

張り巡らした糸の上で球を転がします。2つのルートがほぼ完成しました。お客さんが足を止めて眺めます。

8月15日(火曜日)・18日(金曜日)

室内に木枠や車輪などを吊り下げて、不思議な空間を作ってきます。テグス糸の振動が聞こえるようにスピーカーも設置しました。

8月20日(日曜日)・22日(火曜日)

制作中もカラフルな球を転がしているため、近寄って見に来るお客さんも増えてきました。不思議な空間が生み出されています。

8月24日(木曜日)・27日(日曜日)

さまざまな仕掛けが空間中に作られ、その中を球が駆け巡ります。中央の台や床に引かれた糸は撤去され、完成が近づいているようです。

9月9日(土曜日)

室内にボール以外のさまざまな動く作品を設置していきます。部屋の中央には吊るされたパステルが回転するものが作られました。

9月10日(日曜日)

パステルの動きが風を送るファンのスイッチを入れて、フィルムを揺らし、その振動を増幅してスピーカーで流す仕組みなどを作っていきます。視覚だけでなく聴覚にも訴える作品へと発展します。

9月12日(火曜日)

ガラス戸の外に人が近づいたときに作品が動き出すようにするためにセンサーを取り付けました。作品の細かな調整が続きます。

9月13日(水曜日)

作品の最終調整を行いました。来館者の方が見守る中、仕上げが完了しました。いよいよ完成です。

9月24日(日曜日)

原さん講師によるワークショップ「ファンタスマゴリア」を開催しました。創作室で電球の光と熱を利用して絵が回転する灯籠(とうろう)を各自が作ります。完成した作品は、暗くした講座室に運んで鑑賞しました。

10月8日(日曜日)

「市民文化の日」で美術館もにぎわいましたが、公開制作室にもたくさんのお客さんが来場しました。転がる球を不思議そうに見つめます。ガイドを担当する普及員も大活躍です。

10月15日(日曜日)

講座室でアーティストトーク「動きと変換」を開催しました。今回の作品の解説と、これまでの歩みについて作家がレクチャーしました。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.