このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 公開制作の中の 公開制作関連情報の中の 狩野哲郎公開制作プロセス のページです。
本文ここから

狩野哲郎公開制作プロセス

更新日:2017年5月31日

完成作品展示 6月1日から7月2日

天井から降り注ぐ自然光の中で、作品と、作品以前のモノたちのささやきが聞こえてくるようです。
どうぞ見にいらしてください。

注記1
会場保全のため、平日および土曜日と日曜日の午前中は、ガラス扉を閉めています。
中に入ってごらんになりたい方は、受付にお知らせください。

注記2
土曜日と日曜日の午後1時から5時は、扉を開放し、ガイドスタッフが常駐します。

狩野哲郎公開制作展示の様子

公開制作 5月27日、28日

最後の公開制作は、展示の調整となりました。モノの配置をあらため、スポットライトを追加しました。
コメント入りの展示図面をつくりかけたところで、時間終了。宿題となりました。
6月3日土曜日の午後2時から、アーティスト・トークを開催します。この1か月半の公開制作を振り返ります。
みなさんのご参加をお待ちしています!

公開制作再開 5月20日、21日

公開制作再開です。狩野さんは新たに材料や本を持ち込み、部屋の密度がさらに高まりました。完成作品のモビールと、作品になる手前にある、狩野さんに呼ばれるのを待っている素材が並び、モノたちがざわめく空間が生まれています。

公開制作は次の週末が最後です。5月27日と28日です。2階の展示室では、企画展「浅野竹二の木版世界」常設展「ゆかいな作品たち」「やわらかな牛島憲之の世界」も始まりました。あわせて見にいらしてください。

公開制作室の様子1-2

公開制作5月7日

ゴールデンウィーク最終日の公開制作室は、お客さんがとだえませんでした。
説明会に集合したボランティアスタッフさん、市内アートスポットツアーで訪れた方達。
壁の作品や、天井から吊り下げられたモビール、そこここに散らばる素材、そしてホワイトボードに貼ってある狩猟免許など、さまざまなモノの発見と、そこから始まる狩野さんとの対話を、楽しんでいる様子でした。

5月19日(金曜日)まで展示替えのため休館します。次回公開制作は5月20日(土曜日)です。

狩野さんがいないときは、、、

作家が不在の時の制作室の様子
狩野さん不在時は、制作の記録映像を投影しています。

公開制作 4月23日、29日、30日

好天が続きます。作品が少しずつ増えてきました。静かな中に、繊細なセンスとバランス感覚が味わえるモビールたちです。

アーティスト・トーク 4月22日

今井俊介さんをゲストにアーティスト・トークを行いました。最初に狩野さんが、これまでの作品を、制作方法を中心に紹介。次に今井さんが、ご自身の作品とアトリエの写真を見せながら、制作のプロセスを隠すことなく説明してくれました。表現的な要素を制限して、色や配置を「選ぶ」ことを制作の中心に据えている今井さんと、すでにある物を選んで作品を組み立てていく狩野さんの、共通点が見えたトークとなりました。

公開制作 4月15日、16日

 公開制作が始まりました。前日までに、直径2メートルのガラステーブルを搬入し、部屋の中央に設置。テーブルの上や壁には、材料や道具類、狩野さんのコレクションが置かれました。

 ガラステーブルの一部に作った作業スペースの前に座った狩野さん、メモをとったり、壁の作品を掛け替えたり、素材となる釣り用の浮きやフックなどを出したり。やがて、素材を選び出して組み合わせ、モビールのような形を作っていきました。部屋に観客が入ってくると、作業の手をとめて丁寧に説明していました。

公開制作中の狩野さん4

制作中の作品

次回はアーティスト・トークです。

 4月22日土曜日の午後2時から、第1回目のアーティスト・トークがあります。縞々や水玉のカラフルな旗の絵で注目を集める今井俊介さんをゲストに、2人の作家のスタジオを比べながら、制作の進め方や作品との関わりについて、話を進めていきます。ぜひいらしてください!聴講無料です。直接会場におこしください。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
このページのトップに戻る
本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.