このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 公開制作の中の 公開制作関連情報の中の 冨長敦也公開制作プロセス のページです。
本文ここから

冨長敦也公開制作プロセス

更新日:2018年8月15日

公開制作74 冨長敦也「Love Stone Project - Fuchu」の制作プロセスをご紹介します。

7月21日(土曜日)

早朝、ハート形に彫刻した3つの石を運び込みました。赤い石(イラン産)、白い石(イタリア産)、黄色い石(旧ユーゴスラビア産)、です。石を白いトレーと台座に乗せ、配置を決めて、作業を始めました。

7月22日(日曜日)

一番粗い120番の紙やすりで磨いていきます。さまざまな人が公開制作室を訪れて石を磨きます。

7月28日(土曜日)

石磨きを続けます。お年寄りから子どもまでさまざまな年齢の人が訪れます。家族連れも目立ちました。

7月29日(日曜日)

紙やすりが120番から、より細かい240番に変わりました。石を磨いていくと色味が少し濃くなり、模様がはっきりとしてきます。

8月10日(金曜日)

引き続き、240番の紙やすりで磨きます。作家の不在時にも多くの人が立ち寄って磨いていくので、用意した紙やすりが減っていきます。

8月11日(土曜日・祝日)

紙やすりの番数を上げて、400番で磨き始めます。いろいろな方が会場をのぞいて、石磨きをしていきます。

8月12日(日曜日)

400番での石磨きが続きます。お盆に入り、家族で来場する方も増えてきています。

8月14日(火曜日)

800番の紙やすりで磨き始めました。石の色が次第に深く濃くなっていくのがわかります。

8月15日(水曜日)

1500番の紙やすりを使い始めました。石の表面の光沢が目立ち始めます。完成へと近づきました。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.