このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 展覧会
  4. 開催中・開催予定の企画展
  5. 春の江戸絵画まつり 与謝蕪村 「ぎこちない」を芸術にした画家


サイトメニューここまで
本文ここから

春の江戸絵画まつり 与謝蕪村 「ぎこちない」を芸術にした画家

更新日:2021年4月13日


与謝蕪村 「涼しさに」自画賛(部分) 個人蔵 (前・後期展示)

 深く静かな趣をたたえる自然の中の情景、飄逸で洒脱な俳画、そして、どう見ても気色の悪い、いわば苦みを発散する人物画。そのどれもが、与謝蕪村(1716─83)が到達した晩年の画境です。とりわけ自然の情景を描いた作品が絶賛される蕪村ですが、さまざまな作品を見渡せば、個性と深みと面白みにあふれ、まるで絵画のおもちゃ箱を見るような楽しさがあります。
 
 蕪村は、晩年より前から、日々大忙しの人気画家でした。ときには中国絵画そのものを思わせる見事な技を見せたり、流麗で美しい線やフォルムでうならせたりもします。しかし、それ以上に多くの作品に感じられるのが、線描や形のぎこちなさと、そこから生まれる親しみやすさ、かわいらしさです。下手だということではありません。蕪村自身がその面白さを自覚して、意図的に表現しているとしか思えないのです。朴訥さと力強さの境に、あるいは、か細さと揺らめきの狭間にあるような、きわめてデリケートなぎこちなさや頼りなさが、初期から晩年まで、蕪村の絵の根幹にあるように見えます。
 

 そんな蕪村のこだわりに注目しながら、約100点の作品を集めました。
それによって、「晩年の情景絵画だけではない」新しい蕪村のストーリーに目を向けてみたいと思います。
「ヘタウマ」のマンガに慣れ親しんでいる私たちには、蕪村やその時代の京都の人々と同じ感性が、きっと備わっているはずです。

展覧会概要

会期

2021年3月13日(土曜日)から5月9日(日曜日)まで
前期:3月13日(土曜日)から4月11日(日曜日)まで
後期:4月13日(火曜日)から5月9日(日曜日)まで
*全作品展示替えではありませんが、大幅な展示替えがあります。
詳しくは 展示予定表 をご覧ください。

休館日

月曜日(5月3日は開館)

開館時間

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

観覧料

一般700円(560円)、高校生・大学生350円(280円)、小学生・中学生150円(120円)
注記:()内は20名以上の団体料金。
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
注記:常設展もご覧いただけます。
注記:府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。
2度目は半額!
観覧券をお求めいただくと、2度目は半額になる割引券がついています(本展1回限り有効)。

主催

府中市美術館
※他会場への巡回はありません。

関連イベント

展覧会講座 

与謝蕪村 「ぎこちない」を芸術にした画家
金子信久(当館学芸員)
4月3日(土曜日)
午後2時から(90分程度)  
開場時間 午後1時
定員 130名
会場 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。府中市生涯学習センター講堂(府中市美術館より徒歩5分、生涯学習センター2階)(外部サイト)
※会場は美術館ではありません。 お間違えのないようご注意ください。
無料
※事前予約不要。展覧会の観覧券も必要ありません。 直接会場へお運びください。

<お客様へのお願い>
検温を実施しております。発熱が確認された場合は、 ご参加いただけませんので、ご了承ください。
氏名・連絡先のご記入をお願いしています。 必要に応じて保健所等の機関に提供する場合があります。

子ども向けイベント「ぶそん探検隊!」

会期中随時
展覧会を見ながら「探検隊ワークシート」のクイズに挑戦。
観覧料が必要ですが、府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で入場できます。年齢制限はありませんので、大人の方の参加もお待ちしております。


与謝蕪村 富岳列松図 愛知県美術館蔵(木村定三コレクション) 重要文化財 (前期展示)

展覧会チラシ

展示予定表

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.