このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

2019年8月21日号「平和の祭典」

更新日:2019年8月21日

画像 特集ロゴ

 オリンピックは世界的なスポーツの祭典であるとともに、平和の祭典と言われます。スポーツを通して心身を向上させ、文化・国籍など様々な違いを乗り越え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、平和でより良い世界の実現に貢献することがオリンピックの意義とされています。

平和の祭典

 市では、東京2020大会に向け、この平和の祭典にちなみ、8月1日から8日に「平和の祭典から『平和』を考えるウィーク」を開催しました。
 夏休み平和子ども教室では、子どもたちがオリンピック選手に向け、応援メッセージを書いたちょうちんを制作しました。また、平和展では、オリンピック関連資料や平和都市宣言30周年を記念し、広島市からいただいた被爆樹木アオギリ二世の成長の姿のパネルなどを展示しました。

平和のつどい

 平和のつどいでは、バルセロナオリンピック柔道金メダルの古賀稔彦さんの講演や映画「夕凪の街~桜の国」の上映を行いました。
 古賀さんの講演では、日本の「オリンピック運動の父」といわれ、柔道の普及に努めた嘉納治五郎氏が伝えた「精力善用、自他共栄」の精神が紹介されました。これは、自分の持つ全ての力を社会の良い方向に用い、柔道を通して相手を敬い感謝することで、信頼し助け合う心を育み、自分や他人と共に栄えある世の中にしようとする精神です。今では柔道を通した精神の向上から、世界平和へつながる精神に高められています。古賀さん自身で営む道場でも日頃から子どもたちにも伝えられています。
 現在、日本のみならず、世界の多くの柔道選手がこの精神を学んでいます。柔道が世界に広がり、世界の精神向上に、そして世界の平和にも貢献しています。

画像 熱のこもった講演をする古賀さん
熱のこもった講演をする古賀さん

画像 子どもたちの思いが詰まっています
子どもたちの思いが詰まっています

お問合せ

このページは政策総務部 政策課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

広報連載「ラグビーワールドカップ2019&東京2020オリンピック・パラリンピック特集」

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.