このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

2020年7月21日号「東京1964大会その2」

更新日:2020年7月22日

画像 特集ロゴ

 1964年の市内の聖火リレーは、開会式の2日前、10月8日の午後4時頃に行われました。当時の報道によると、雨の中、4万5千人もの市民が沿道で聖火を出迎えました。
 小金井市から聖火を引き継ぎ、小金井街道(現浅間町交差点付近)から甲州街道を通り、調布市内のマラソン折返点(現味の素スタジアム前)まで走行し、調布市へ聖火をつなぎました。
 原則、1区間約200メートルの距離を1人のランナーが走行する現在の形式とは異なり、当時は市内約6.4キロメートルのコースを3区間に分けて、1区間につき、聖火リレートーチを持つ「正走者」1人、予備トーチを持つ「副走者」2人、小旗を持つ「随走者」20人が走りました。
 市内のランナーは、市内中学校から推薦された中学生30人、一般公募による16~20歳までの市民39人が務め、資格条件には「晴雨にかかわらず約2キロメートルを時速15キロメートルで走破できる者」と盛り込まれるなど、「走る」ことを重視した聖火リレーでした。
 郷土の森博物館では、当時の聖火リレートーチや市内の写真、資料などを9月6日(日曜日)まで展示していますので、ぜひ、お越しください。

画像 当時の聖火ランナーユニフォーム
当時の聖火ランナーユニフォーム

画像 第2区を走る聖火ランナー
第2区を走る聖火ランナー

お問合せ

このページは政策総務部 政策課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

広報連載「ラグビーワールドカップ2019&東京2020オリンピック・パラリンピック特集」

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.