このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

府中・稲城の境界を歩く 水再生センターの見学

更新日:2018年6月11日

画像 水再生センターの見学 グループ写真
水再生センターの見学 グループ写真

平成30年4月27日午前9時、魅力的なガイドツアーに参加するため、30人の抽選で選ばれた参加者たち、4人のボランティア、3人の経済観光課の代表職員が、南多摩駅前に集合しました。

まず、私達は南武線南多摩駅から南へ2分程度歩いたところにある医王寺(国宝山甘露院医王寺)に訪れました。(東京都稲城市大丸1417)

大正12年(1923)の大火によって、本堂をはじめとした総てを焼失してしまったことから、医王寺の歴史の多くは不明となっています。

医王寺が一般に公開されはじめたのは西暦1704年から1711年の間です。

この寺は薬師如来を祀っており、薬師如来はその教えによって苦しみを癒すものであると言われています。
また、医王寺の前には、10メートルもの高さの大丸不動尊の銅像もあります。

次に、私達が訪れたのは大丸公園です。(東京都稲城市大丸1171)
大丸公園は、稲城市立病院の近くにあることから、積極的なライフスタイルを促進するために多くの設備があります。

その後、旧軍事施設の多摩弾薬庫を通りました。
多摩弾薬庫は1938年に大日本帝国軍の多摩火薬製造所として開館しました。
現在は、米軍横田基地のレクリエーション施設として使用されており、旧消防施設の敷地も中にあります。
しかしながら、米国の軍事施設があるため、通常は入ることができません。

ガイドツアーの最後に訪れたのは、南多摩水再生センターです。(東京都稲城市大丸1492)

配管から河川までの下水道システムのプロセス、水環境の改善に貢献する方法、環境にやさしい府中市づくりを学びました。

センターでは、3,776基のソーラーパネルを使用して施設に電力を供給しています。

南多摩水再生センターは、A2O法など最先端の処理方法を採用しており、再生水は多摩川に排出されています。

私たちは東京都下水道局のマスコットのアースくんに会いました。アースくんはとてもかわいくて、私達を笑顔にしてくれます!


最後に、センターの前でグループ写真を撮り、駅へ戻りました。

次回のガイドツアーを楽しみにしています!

お問合せ

このページは生活環境部 経済観光課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.