このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ

更新日:2020年5月29日

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(5月29日)

気を緩めないでください

 政府における新型コロナウイルスに伴う緊急事態解除宣言が出されて最初の週末を迎えます。長い自粛から解き放たれたいところですが、第二波が懸念される状況もあるようです。本市においても、4月下旬から5月上旬にかけて特定の施設で感染される方が続き皆様に大変ご心配をおかけしました。幸いにして現在は落ち着いていますが、どなたにも、どこにも感染リスクがあると思います。
 週明けは6月です。学校、幼稚園・保育所、公共施設も徐々に再開することとなります。新たな日常へ一気に再始動したいところですが、決して気を緩めず、ウイルスを正しく恐れ、人との距離を必ず保つようにしましょう。
 改めて、「密を作らない」、「密に寄らない」、「手洗いの徹底」などを常に意識するようお願いいたします。

令和2年5月29日
府中市長 高野律雄

緊急事態宣言に係る市長メッセージ(4月30日)

大型連休を迎えて

 市内の新型コロナウイルス感染者数は、4月29日現在、49人となっており、多摩地域では、最も多い状況です。
 市ホームページでもお知らせしておりますが、感染者のうち、市内にあるいくつかの特定施設で合計30人以上の感染者が確認されており、これらを除いた場合の市民の感染者数は、周辺自治体と本市の人口数を踏まえると、同程度の規模と捉えることができます。
 未だに収束が見えない状況ではありますが、一定規模の範囲で感染者数が推移していることは、市民皆さんの感染拡大防止に向けた取組が、成果となっている現れだと認識しており、心より感謝申しあげます。
 大型連休に入り移動の自粛を国全体で求めていますが、市長として改めて皆さんに6つのお願いです。

  1. とにかく、不要不急の外出は控えてください。私たちが今、家にいることで、守れる命があります。
  2. どうしても外出するときは感染防止に努め、周囲の方に十分な配慮をお願いいたします。
  3. リフレッシュを目的に公園や多摩川河川敷などにお出掛けの方が多くいらっしゃいます。お子さんのストレスなども考えると必要なことだとは思いますが、社会的距離を保ち、3密を避けましょう。
  4. 一律10万円を給付する「特別定額給付金」に関する詐欺電話が多いと聞きます。市ではスムーズな支給のための準備を進めていますが、電話でお知らせすることは決してありませんのでご注意ください。
  5. DVや虐待についてはちゅうちょせず、関係機関に早く相談してください。連休中は児童相談所全国共通ダイヤル(電話)189(いちはやく)へお願いします。
  6. 誰もが差別のない社会を望んでいます。心無い言動は慎みましょう。罹患者をいたわり、使命感で働き続ける医療・介護・保育に従事されている皆さんに感謝の気持ちを表しましょう。

 市民の皆様と力を合わせて乗り越えたいと思います。ぜひ、ご理解とご協力をお願いいたします。

緊急事態宣言に係る市長メッセージ(4月20日)

改めてお願いします

 政府の緊急事態宣言発令から約2週間が経過しました。外出自粛の要請をさせていただいていますが、市内感染者は先週と比較して3倍増の約30名となり、大変厳しい状況になっています。4月16日に開催した「第13回府中市新型コロナウイルス感染症対策本部」では、感染拡大抑制、市民の生命及び健康の保護、市民生活と市民経済に及ぼす影響が最小になることを目的に「事業継続計画BCP」を発動し、「緊急経済対策チーム」の設置を行いました。今後はより具体的に様々な対策を講じてまいります。市民の皆様にも引き続きご不便をおかけすることになりますが、安心して暮らし続けるため、以下7点につき改めてお願いをいたします。
1 不要不急の外出はせず、人と接触することを避けましょう。密接は特に避けてください。
2 手洗いとうがいの励行、マスクの着用は必ず続けてください。また、密閉空間は危険ですので、定期的に換気してください。
3 スーパーマーケットやドラッグストア、コンビニエンスストアなどへのお買い物にはご家族そろって行かず、売り場やレジ周辺に密集をつくらないようにしてください。
4 正確な情報に基づいて冷静に行動し、食料品や生活用品の買い占めなどを行わないようにしてください。
5 在宅率が高いのを狙う詐欺電話が多いです。留守番電話機能などを使って電話に直接出ないようにしましょう。
6 ストレスによる家庭内暴力や児童虐待が増えています。決してためらわずに電話相談ください。

  • 府中市男女共同参画センター「フチュール」女性問題相談専用(電話)351-4602
  • 府中市こども家庭支援センター「たっち」(電話)354-8701
  • 児童相談所全国共通ダイヤル(電話)189(イチハヤク)

7 感染者や濃厚接触者、さらには医療従事者に対する差別的な言動が増えています。いつ自分が感染するかもわかりませんし、感染された方をいたわることが大切です。また、医療従事者にも頭の下がる思いです。感謝の気持ちを表しましょう。

緊急事態宣言に係る市長メッセージ(4月13日)

「危機が迫っています」

 新型コロナウイルスに感染された府中市民は現在10人と公表されています。調査中の(かた)も複数名いらっしゃるようで、増加が見込まれています。医療機関や保健所の対応は大変な状況です。本市としても広報の充実や検査体制確立の支援にさらに力を入れることとしました。お願いです。危機が迫っています。不要不急の外出をしないよう心がけてください。

令和2年4月13日
府中市長 高野 律雄

緊急事態宣言に係る市長メッセージ(4月8日)

「緊急事態宣言」に伴うご協力のお願い

 昨日、東京都を含む7都府県を対象に、新型インフルエンザ等特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発出され、5月6日までの期間で緊急事態措置が実施されます。
 市では、緊急事態宣言を受け、都と協力し、本日から庁内において法に基づく新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、関係機関と連携しながら市民生活の維持と感染拡大の防止に向けて取り組みを進めます。
 これまでも、本市では感染拡大の防止のため、公共施設の休館や行政サービスの一部縮小、小中学校の休校など、多くの方が集まることや接触することを避けるための取組を実施しておりますが、市民に感染患者が発生していることや市内の事業所での感染例が確認されている状況です。
 今後、感染拡大防止に向け、多くの公共施設において1か月程度の休館や市民サービスの縮小・休止などの取組を行うほか、既に国や都が進めている事業者に対する経営支援対策などについては、引き続き受け付けを行うなど市民の健康と生活の確保に向け取り組んでまいります。また、国や都の対策を含め、詳細を市ホームページやメール配信サービスなどで、迅速かつ正確に皆様にお伝えしてまいります。
 あわせて、市民の皆様に改めて次の3点をお願いいたします。

  1. 夜間、週末をはじめ、外出を必要最低限にしていただきますようお願いいたします。特に、多くの人出が見込まれる都心部への移動や「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」の、いわゆる3つの「密」を避けていただきますようお願いいたします。
  2. こまめな手洗いや咳エチケットなど、一人ひとりができる基本的な感染予防策の徹底をお願いいたします。
  3. 正確な情報に基づいて冷静に行動していただきますようお願いいたします。特に食料品や生活用品の買い占めなどは行わないようお願いいたします。

 市民の皆様には、引き続きご不便をおかけしますが、感染拡大の防止には皆様のご協力が何よりも不可欠となりますので、ご理解をお願いいたします。

令和2年4月8日
府中市長 高野 律雄

新型コロナウイルス感染症の市内感染者数発表に係る市長メッセージ(4月1日)

新型コロナウイルスの市民の感染者数公表に伴うさらなる感染予防策の徹底のお願い

 本日4月1日に、都から、新型コロナウイルスの区市町村別患者数が発表され、本市において3月31日までに1名の方が新型コロナウイルスに感染されていることが公表されたと、報道されております。
 このことは、私たちも決して例外ではなく、「感染爆発(オーバーシュート)」の危険が身近に迫る「重大局面」に立っていることを意味するとともに、改めて、本市においても、今後さらに感染拡大防止に向けた取組を徹底しなければならないことを示しております。
 市民の皆様におかれましては、既に都から繰り返し要請が出されておりますが、本市からも、夜間及び週末の外出の自粛や手洗いやうがいなど、一人ひとりができる対策の徹底について重ねてお願いいたします。
 特に「換気の悪い密閉空間」「多くの人の密集する場所」「近距離での密接した会話」の、いわゆる3つの「密」を避けていただきますよう、より一層のご協力をお願いいたします。

令和2年4月1日
府中市長 高野 律雄

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(3月26日)

「今週末の外出自粛のお願い」~感染爆発を防ぐために

 昨日3月25日の夜、小池都知事から、感染者数の急増を受け、「感染爆発(オーバーシュート)が懸念される重大な局面」として、夜間や今週末の外出を控えるなど、感染拡大を抑止するため都民の皆さんに対する協力のお願いがありました。
 本市としても、都知事からのお願いを受け、今週末を中心とする期間が、感染症の流行拡大を抑制し、被害を最小限にとどめるために極めて重要なタイミングと考え、市民の皆様に、感染症の拡大とそれに伴う混乱防止のため、外出を必要最小限にしていただくことや、正確な情報に基づいて冷静に行動していただくことなど、一人ひとりができる対策の徹底について、より一層のご協力を改めてお願いいたします。
 特に「換気の悪い密閉空間」「多くの人の密集する場所」「近距離での密集した会話」につきましては、避けていただくよう、重ねてお願いいたします。
 感染拡大の防止にあたっては市民の皆様のご理解とご協力をはじめ、本市においても様々な対策を実施してはおりますが、事態は日々刻々と変化しており、予断を許さない状況です。今後も、国、都、医療機関、関係団体と連携して、情報を共有しながら、迅速かつ正確な情報発信と感染症の拡大防止に全力で努めてまいりますので、ご理解をお願いいたします。

令和2年3月26日
府中市長 高野 律雄

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(3月16日)

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、府中市では、去る2月17日(月曜日)に「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、関係機関とも連携し、感染症の発症・拡大防止に取り組んでいます。
 これまでにも、市民の皆様のご理解とご協力により、市立の全小・中学校及び幼稚園の臨時休業をはじめ、市施設の休館や市主催事業(イベントなど)の中止・延期など、様々な対策を実施してまいりました。
 市では、今が感染拡大を最小限にとどめるために極めて重要な時期であると認識しております。3月13日(金曜日)には「新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律」が成立するなど、事態は日々刻々と変化しておりますが、今後も国、都、医療機関、関係団体と連携して、情報を共有しながら、迅速かつ正確な情報発信と感染症の発症・拡大防止に全力で努めてまいります。
 市民の皆様におかれましては、引き続きご不便をおかけしますが、生命・身体の安全を第一に考えての対応となりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。また、感染症の発症・拡大とそれに伴う混乱防止のため、手洗いや咳エチケットの実施、不要不急の外出をできる限り控えること、正確な情報に基づいて冷静に行動することなど、一人ひとりができる対策の実施について、引き続きご協力をお願いいたします。

令和2年3月16日
府中市長 高野 律雄

お問合せ

このページは政策総務部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.