このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 健康
  4. からだの健康
  5. 熱中症を予防して暑さを乗り越えましょう
本文ここから

熱中症を予防して暑さを乗り越えましょう

更新日:2019年6月5日

熱中症は、高温多湿な環境に私たちの身体が適応できないことで起こるさまざまな症状の総称です。暑くなり湿度も高い今の時期(身体が暑さに慣れていない時期)は注意が必要です。気温が28度を超えると熱中症で救急搬送される方が増えてきます。屋外だけでなく、屋内でも風通しが悪く、湿度が高い場合に発症することがあります。年々暑い時期が早まり、期間も長くなっています。正しい予防法を身に付け、健康に暑さを乗り越えましょう。

熱中症予防のポイント

  • 部屋の温度をこまめにチェックし、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。
  • のどが渇く前に水分補給をしましょう。また、運動の前後など汗をかいたときにはスポーツドリンクなどで塩分も補給しましょう。
  • 外出の際は、帽子や通気性の良い衣服を着用し、冷却グッズを利用するなど工夫をしましょう。
  • なるべく日陰を利用し、高温多湿な環境での長時間の作業・運動は避けましょう。

主な熱中症の症状

めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・気分が悪い・頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
重症になると、意識消失・けいれん・からだが熱い等の症状がみられます。

熱中症になってしまったら

  • 風通しの良い日陰や冷房の効いた所に移動しましょう。
  • 衣服を緩めて、体を楽にしましょう。
  • 冷たい水で冷やしたタオル、冷たい水を入れた容器などを脇の下や足の付け根にあて、体を冷やしましょう。

意識障害などがあり、自力で水分が摂れない場合は無理をせず、早急に医療機関を受診しましょう。

高齢者や子どもは特に注意が必要です

高齢者は「暑さ」や「喉の渇き」を感じにくく、暑さに対するからだの調節機能も低下しているので、注意が必要です。また、子どもは体温調節機能が十分に発達していません。温度調節に気を配り、積極的に水分補給をするなど十分な対策をしましょう。

関連情報

熱中症予防の注意点が、年代・活動レベル別に掲載されています。子ども・高齢者・屋外で働く人・キッチンで火を使う人・スポーツをする人・犬や猫を飼っている人は特に注意です。

「暑さ指数」とは、人の感じる暑さの要因として、気温、湿度、輻射熱の3つを取り入れた指標(WBGT値)で、熱中症予防のための指標として用いられています。
各地の熱中症危険度がわかります。府中も観測地の一つになっています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは福祉保健部 健康推進課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.