このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

府中きらりライフ
  • 探す
  • 投稿する
  • 特集
  • 府中市トップページへ
本文ここから

府中市美術館

更新日:2019年3月4日

見て、作って、身近に親しめるアートの世界

画像 府中市美術館

府中市美術館は、開館してから16年目を迎えました。その間、バリエーションゆたかな企画で来館者(らいかんしゃ)の高い評価を得る一方で、市立ならではの地域に開かれた美術館として、さまざまな活動に取り組んできました。
実はまだ行ったことがなくて…という(かた)のために、身近に、気軽に楽しめる府中市美術館の魅力をお伝えしたいと思います。

ちょうどよさ、身近な非日常、かわいいキャラクター

平成28年2月、初春の温もりが感じられる穏やかな休日の昼下がり。初めて美術館を訪れたという方に感想を伺ってみると、気に入ったポイントを3つ挙げてくださいました。

ロケーション
都立府中の森公園の中にあり、美術館と一緒に四季折々の自然も楽しめます。1階のスペースは、入館無料、自由に出入りできて、カフェも併設されているので、お散歩のついでにふらっと寄り道できるようなオープンな雰囲気。
公園をウォーキングしてきたご夫婦や、市民ギャラリーの子供の作品を見に来て嬉しそうに記念写真を撮られている家族()れ、図書室からノートを抱えて出てきた大学生など、いろいろな人がゆったりと物静かな空気のなかで、思い思いにすごしている姿が印象的だったとのこと。

ちょうどよい非日常
エスカレーターをあがった展示室では、このとき「若林(いさむ)展」を開催中でした。覗き込むような小さな作品から、後ろに下がって観るような壁一面の作品、また、いろんな角度から観るのも楽しい立体的な作品など、いろいろな作品を見ていくうちに、日常から離れて、ゆっくりアートの世界で気分転換できたそうです。都心の美術館と違って、あまり混雑せず、展示室が広すぎないのも、疲れずにゆったり見られるポイント。

かわいいキャラクター
府中市美術館のキャラクター、絵の国の妖精「ぱれたん」と「むら()」。絵の世界を楽しく案内してくれます。「かわいい!」と喜んでくださって、特にむら()がお気に入りだそうです。それでは、次はこの「ぱれたん」と「むら()」について、もう少し詳しくご紹介します。

ぱれたんとむら田

絵の国の妖精「ぱれたん」と「むら()」は、大の仲良し。二年に一度の夏休みの展覧会で大活躍するほか、他の期間でも美術館のあちこちで会うことができます。2人は、2010年のミュージアム・キャラクター人気投票で、見事第2位に輝いたほどの人気者。
ぱれたんは、ちょっと目立ちたがりで、いたずら好き。でも美術の楽しさをみんなに伝えるため、いつもがんばっています。友達のむら()は、むらさき色だからむら()です。控えめで理知的、そっとぱれたんをサポートします。春の江戸絵画まつりでは、ロビーに「むら田や」というお店を開いています。
そんなぱれたんのおたんじょう日会には、たくさんの子どもたちが、ぬりえのカードでお祝いしてくれました。中にはむら田の姿も!
ミュージアムグッズにもかわいい2人がたくさん登場しますので、ぜひお手にとってみてください。
 

作って遊ぶ、アートスタジオ

最後にもうひとつ。美術館では、展覧会やいろいろな作品を「見る」だけでなく、自分で「作って」楽しむことができます。府中市美術館の一階には、創作室という部屋があります。ここでは主に毎週土曜日、いろいろな創作活動に親しむことができるワークショップ・シリーズ、「アートスタジオ」を開催しています。
毎月第1土曜日は、誰でも参加できる「オープンプログラム」。2歳位の小さなお子さんから大人の方まで、家族連れでいつも賑やかです。簡単な工作や、ちょっと変わった材料を使ったお絵描きなど、季節に合わせて月替わりの内容となっています。
第2、3土曜日には、主に小学生以上の一般の方を対象として、その時々の展覧会に関連した絵画や版画、彫刻などに挑戦するプログラムを開催しています。夏休みには、木工などの特別なプログラムもあります。
アートスタジオの指導員は、府中市近郊で活躍している、個性豊かな若手アーティストの皆さん。それぞれ絵画や彫刻などの専門分野を活かして、工夫を凝らしたプログラム作りをしています。道具の使い方などをサポートしてくれるボランティアスタッフも強い味方です。また美術鑑賞を中心とする最終土曜日の「トークプログラム」では、学芸員が講師をつとめます。普段あまり接することのない美術のプロや、幅広い年代の参加者との交流を楽しめるのも、アートスタジオの魅力です。

内容や開催日は月によって異なりますので、お越しの際は事前にご確認ください。みなさまのご参加をお待ちしています。

基本情報

所在地

府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)

開館時間

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

観覧料

(常設展)一般200円、高校生・大学生100円、小学生・中学生50円
注意:企画展観覧料は展覧会によって異なります。

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)、国民の祝日の翌日など(その日が土曜日、日曜日及び祝日にあたる場合などは開館)、展示替え期間、年末年始など。
休館日はハローダイヤルでも案内(電話番号:03-5777-8600)
注意:平成31年3月15日(金曜日)まで、工事のため休館

アクセス

ちゅうバス(多磨町ルート)「府中市美術館」下車すぐ
京王バス「天神町二丁目」下車すぐ
京王バス「天神町幼稚園」下車徒歩8分

問合せ

電話:042-336-3371(代表)

テーマ

府中の自慢スポット
雨でもOK

ジャンル

文化・歴史

お問合せ

このページは政策総務部 政策課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

きらり☆府中 魅力発信プロジェクト推進委員会

(事務局) 府中市政策総務部政策課

〒183-8703 府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-335-4188
ファックス:042-336-6131
e-mail:kikaku10@city.fuchu.tokyo.jp
フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.