このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

府中きらりライフ
  • 探す
  • 投稿する
  • 特集
  • イベント
  • 府中市トップページへ
本文ここから

桜通り広場公園 童々広場

更新日:2016年4月1日

街中に、小僧現る!

画像 童仔

今にも、街中に走り出して行ってしまいそうなこの小僧さんたち。
いったい府中のどこにいるのでしょう?

府中駅からけやき並木通りを北に向かって、徒歩7分。桜通りを左に曲がると桜通り広場公園があります。
そこには、不思議な髪型をした小僧さんが走り回ったり、
ハスの池があったり、
池の周りをカエルが行進していたり…
一瞬どこに来たのだっけ?と思ってしまうような、ユニークなパブリックアートに出会うことができます。

彼の名前は、こぼすなさま!

この銅像の作者である薮内左斗司氏は、東京芸術大学で仏像の修復を学び、日本の古典技法を活かして、さまざまな素材を用い、ユーモア溢れる作品を作っています。

もしご存じなくても、平城遷都1300年記念事業の公式マスコットキャラクター「せんとくん」(2011年より奈良県のマスコットキャラクター)と聞けば、おわかりになるのではないでしょうか。

このこぼすなさまも、そんなユニークなキャラクターの一人です。右手に箒を携えて、ごみを残したりする人がいないか、そっと見張ってくれています。

桜の童子


府中市は、身近なところで本物の芸術に触れられるまちです。

そう言うと、府中市は美術館があるからね、と言われそうですが、芸術と出会えるのはなにも美術館だけではありません。

この童々広場(どうどうひろば)のように、市内各所にパブリックアートがあり、日常の中に溶け込んでいます。この日も小さなお子さんが、童子やカエルに触れたり、何人いるかなー?と遊んでいました。そして大人が見てもなんだか想像力をかき立てられます。

まずは気軽に芸術に触れてみる。
そしてもっと知りたくなったら、次の休日にはぜひ府中市美術館へお越しください。

画像 全体

基本情報

所在地

府中市寿町1丁目12番地

テーマ

まだ知られていない府中の魅力的なスポット

ジャンル

自然・公園

電話番号

文化スポーツ部美術館
電話:042-336-3371

お問合せ

このページは政策総務部 政策課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

きらり☆府中 魅力発信プロジェクト推進委員会

(事務局) 府中市政策総務部政策課

〒183-8703 府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-335-4188
ファックス:042-336-6131
e-mail:kikaku10@city.fuchu.tokyo.jp
フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.