このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

府中きらりライフ
  • 探す
  • 投稿する
  • 特集
  • イベント
  • 府中市トップページへ
本文ここから

都史跡 三千人塚

更新日:2017年3月2日

三千人塚の位置

JR府中本町駅改札を出て左の階段を降り、9分ほど住宅地を歩くと、大きなエノキが見えてきます。この大きなエノキは、府中の名木百選にも選ばれており、高さ10メートル以上ある非常に大きな木です。そしてその下に、三千人塚はあります。

三千人塚の由来

この塚は、康元(こうげん)3年(1333)の分倍河原の合戦で亡くなった戦死者3000人が埋葬されたとの伝承から、三千人塚と呼ばれるようになりました。しかし、その後に学術調査を行ったところ、合戦の戦死者が埋葬されたわけではなく、もとは、鎌倉時代から室町時代の有力者一族の塚(墓)であったことが分かりました。
また、近世には、礫石経(れつせききょう)というお経の一字を記した石が多数積み置かれたことから、信仰の対象になっていたことがわかります。

多摩地区最古の板碑(いたび)が立つ塚

塚の上には、板碑(いたび)が立てられており、「板碑(いたび)の立つ塚」として昔から注目されてきました。この板碑(いたび)は、多摩地区最古の板碑(いたび)といわれています。さらに調べてみると、一般的に板碑(いたび)が立てられた時期は、鎌倉時代から室町時代にかけてのものが多いようです。この板碑(いたび)も1256年、つまり鎌倉時代に立てられたものであることが分かっています。

基本情報

所在地

府中市矢崎町2丁目21番地

アクセス

JR府中本町駅より徒歩9分

テーマ

意外と知られていない府中の魅力的なスポット

ジャンル

文化・歴史

お問合せ

このページは政策総務部 政策課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

きらり☆府中 魅力発信プロジェクト推進委員会

(事務局) 府中市政策総務部政策課

〒183-8703 府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-335-4188
ファックス:042-336-6131
e-mail:kikaku10@city.fuchu.tokyo.jp
フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.