このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. ごみ・3R
  4. 新型コロナウイルス感染者等が使用したペットボトル等の資源化される廃棄物の排出方法について
本文ここから

新型コロナウイルス感染者等が使用したペットボトル等の資源化される廃棄物の排出方法について

更新日:2020年5月15日

 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、新型コロナウイルス感染者等が使用した通常時は資源化されるペットボトル、缶、びん等の廃棄物の排出について、以下のとおりご注意いただくと共にご協力をお願いいたします。

自宅療養者(感染者やその疑いがある方)が排出する通常時は資源化される廃棄物の排出方法

 自宅療養者が使用した通常時は資源化される廃棄物の排出において、収集運搬や選別保管等に際し感染を防止するため、次のように適切な取扱いをお願いいたします。
 尚、ごみに直接触れることが無いように、必ずごみ袋の口はしっかり縛って排出してください。

  1. ペットボトル、紙パック、容器包装プラスチックは、可燃ごみで排出すること。
  2. 缶、びん等の不燃物は、感染力が無くなるとされる期間が3日程度とされているため、飲み終えてから1週間程度待ってから直近の収集日に排出すること。

新型コロナウイルスの生存期間

 厚生労働省によると、物の表面についた新型コロナウイルスは時間の経過により壊れるとされています。ただし、物の種類によっては24時間から72時間くらい感染する力を持つと言われています。

家庭等から排出される飲料容器等の取扱い

 家庭等から排出されるペットボトル等の飲料容器については、これまで通り分別していただき、資源化へご協力をお願いいたします。
 しかし、無症状の新型コロナウイルス感染者が多数いると想定される状況が続いておりますので、感染者等の使用した廃棄物の排出方法と同様に、新型コロナウイルスが生存する期間とされる3日程度を考慮し、飲み終えてから1週間程度はご家庭で保管していただき、直近の収集日に排出してください。
 また、水で洗浄していただくことも感染防止に有効とされていますので、引き続き洗浄の徹底をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策としてのごみの捨て方を守る

 市民の皆様の生活を維持するための安定したごみ収集・処理を継続していくために、収集事業者及び作業員の新型コロナウイルス感染防止が必要不可欠となります。市民の皆様におかれましては、改めて環境省による感染症対策としてのごみの捨て方をご一読いただきまして、適切な排出方法に一層のご理解・ご協力を賜りますようお願いいたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは生活環境部 ごみ減量推進課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ごみ・3R

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.