このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

カーボンオフセット事業

更新日:2017年1月23日

カーボンオフセットとは

地球温暖化は、人間の諸活動の中で排出される二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスによって引き起こされ、人類の生存基盤や自然の生態系にも悪影響を及ぼすに至りました。そこで、温室効果ガスの排出量を減らすための国際的な取組が行われ、平成9年(1997年)の京都議定書では、我が国に6パーセントの削減の目標が定められました。今、国を挙げての低炭素社会の構築に向けた行動、実践が求められています。
このような中で、注目を集めているのが、「カーボンオフセット」です。カーボンは「二酸化炭素」、オフセットは「埋め合わせる」という意味を表します。まず、諸活動の中で排出をしている二酸化炭素などの温室効果ガスの量を認識して見える化し、削減努力を行うことが必要です。そして、どうしても削減できない部分を、他の場所でのクリーンエネルギーの導入や二酸化炭素を吸収する森林整備など、排出削減、吸収プロジェクトに投資を行い、それによってもたらされる温室効果ガスの排出削減量や二酸化炭素吸収量で、削減しきれなかった部分を埋め合わせることがカーボンオフセットです。

姉妹都市長野県佐久穂町とのカーボンオフセット事業

姉妹都市である長野県佐久穂町と平成23年7月26日に締結した「府中市と佐久穂町との地球環境保全のための連携に関する協定」、「長野県の森林の里親促進事業森林整備協定」に基づき、平成27年度までの5年間、家庭ごみの市指定有料袋の焼却をはじめとする市民生活から排出される二酸化炭素相当量の一部を、佐久穂町の町有林を間伐により整備することで相殺させるカーボンオフセット事業を行ってきました。平成28年3月7日に、次期協定を締結したことにより、平成28年4月1日以降も同事業を継続していきます。

画像 府中の森アダプトサイン
府中の森アダプトサイン

実施状況

平成27年度実施状況

平成27年度は、新たに16.79ヘクタールの森林整備を行い、1年間あたり82.8トンの二酸化炭素吸収量が認められ、また、平成23年度から平成26年度に森林整備を行った79.80ヘクタールについて、1年間あたり228.9トンの二酸化炭素吸収量が認められ、合計で1年間あたり311.7トンの二酸化炭素吸収量について「森林CO2(しーおーつー)吸収量認証書」が長野県から交付されました。

平成27年度実施状況
平成27年度森林整備面積 16.79ヘクタール
対象森林面積 96.59ヘクタール
二酸化炭素吸収量 1年あたり311.7トン

平成26年度実施状況

平成26年度は、新たに19.71ヘクタールの森林整備を行い、1年間あたり66.5トンの二酸化炭素吸収量が認められ、また、平成23年度から平成25年度に森林整備を行った60.09ヘクタールについて、1年間あたり185.1トンの二酸化炭素吸収量が認められ、合計で1年間あたり251.6トンの二酸化炭素吸収量について「森林CO2(しーおーつー)吸収量認証書」が長野県から交付されました。

平成26年度実施状況

平成26年度森林整備面積

19.71ヘクタール

対象森林面積 79.80ヘクタール
二酸化炭素吸収量 1年あたり251.6トン

平成25年度実施状況

平成25年度は、新たに22.98ヘクタールの森林整備を行い、1年間あたり64.3トンの二酸化炭素吸収量が認められ、また、平成23・24年度に森林整備を行った37.11ヘクタールについて、1年間あたり125.1トンの二酸化炭素吸収量が認められ、合計で1年間あたり189.4トンの二酸化炭素吸収量について「森林CO2(しーおーつー)吸収量認証書」が長野県から交付されました。

平成25年度実施状況
平成25年度森林整備面積 22.98ヘクタール
対象森林面積 60.09ヘクタール
二酸化炭素吸収量 1年あたり189.4トン

平成24年度実施状況

平成24年度は、17.25ヘクタールの森林整備を行い、1年間あたり56.3トンの二酸化炭素吸収量が認められ、また、平成23年度に森林整備を行った19.86ヘクタールについて、1年間あたり73.4トンの二酸化炭素吸収量が認められ、合計で1年間あたり129.7トンの二酸化炭素吸収量について「森林CO2(しーおーつー)吸収量認証書」が長野県から交付されました。

平成24年度実施状況

平成24年度森林整備面積

17.25ヘクタール

対象森林面積

37.11ヘクタール

二酸化炭素吸収量

1年あたり129.7トン

平成23年度実施状況

平成23年度は、19.86ヘクタールの森林整備を行い、1年間あたり73.4トンの二酸化炭素吸収量が認められ、「森林CO2(しーおーつー)吸収量認証書」が長野県から交付されました。

平成23年度実施状況

平成23年度森林整備面積

19.86ヘクタール

対象森林面積

19.86ヘクタール

二酸化炭素吸収量

1年あたり73.4トン

身近な二酸化炭素排出量との比較

私たちの生活において、排出される二酸化炭素について、平成27年度の値と比較してみます。
自家用車1台あたりの1年間の二酸化炭素排出量は約2,300キログラム、1世帯あたりの1年間の二酸化炭素排出量は約6,500キログラム、人間1人あたりの呼吸による1年間の二酸化排出量は約320キログラムと言われています(林野庁)。
平成27年度の対象森林の年間吸収量は331,700キログラムです。
したがって、次のとおりの二酸化炭素吸収量相当となります。

身近な二酸化炭素排出量との比較
自家用車 135.5台分
世帯 48.0世帯分
人間の呼吸 974.1人分

オープンデータ

オープンデータの取扱い

本市が公開するオープンデータは、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス国際4.0」の(もと)に提供します。また、ライセンスは「CC-BY(表示)」とします。
データを利用する場合は、府中市のデータを使用している旨を表示していただければ、自由に利用することができます。
なお、この取扱いは対象データのみに適用されます。

お問合せ

このページは生活環境部 環境政策課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

環境

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.