このページの先頭です
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで
本文ここから

ICTの活用

更新日:2022年7月26日

ICT環境の整備状況

市内の各学校に各種ICT機器の整備を行いました。
画像でご紹介する大型提示装置や端末のほか、各教室に無線LANの環境や端末を保管する充電保管庫の整備をしています。

府中市におけるGIGAスクール構想

府中市教育委員会では、子供たちがいつでもどこでも学ぶことができる環境を構築するため、タブレット端末と学校の教育ネットワーク環境を整備し、GIGAスクール構想の推進に向けた取組を進めています。

GIGAスクール構想とは?

児童・生徒1人につき1台のタブレット端末と、ネットワークを整備することにより、多様な児童・生徒一人ひとりの資質・能力に合わせた育成ができる教育ICT環境を実現する構想です。

タブレット端末を活用した学習に取り組んでいます

  • 知りたいことをとことん学べる

総合的な学習の時間でSDGsについて調べ、学年全体で発表しました。

  • 自分のペースでじっくり学べる

授業中学んだことを、eライブラリを使って家庭で確認することができます。

  • みんなと一緒に調べる・まとめる

ホワイトボードのアプリに児童・生徒が意見をまとめました。

  • 学校にいながら世界とつながる

オーストラリアの小学生とオンライン交流を行いました 。

世界とつながる
オンライン交流の様子

情報活用能力を育成する学習場面の例

府中市教育委員会では、各発達段階における情報活用能力の到達目標を市内小・中学校で共有し、全ての児童・生徒に情報活用能力をより効果的に育成するため、「情報活用能力育成を図る学習場面の例」を別紙のとおり取りまとめました。
小・中学校で育成する情報活用能力について、各発達段階における到達目標を設定することにより、教員が9年間の育成の見通しや程度、具体的な学習場面のイメージをもてるようにすることをねらいとしています。
令和4年度は、本資料に沿って各校で情報活用能力育成に係る取組を進めながら、「GIGAスクール推進プロジェクトチーム」(仮称)を中心に改善案を策定し、令和5年度からは、改善案に基づいた取組を進めていく予定です。改善案(令和5年度実施)では、「基本的操作」「情報モラル・情報セキュリティ」に加え、「情報活用」「プログラミング」についても、各発達段階における到達目標を設定する予定です。

関連情報

令和3年4月から、児童・生徒が一人1台タブレット端末を使って学習ができるようになりました。
各学校が工夫を凝らしてICTを活用した教育活動を行っている様子を、特設サイトでご紹介します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは教育部 指導室が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

府中市教育委員会

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表)
教育委員会・幼稚園・学校に関するお問い合わせ 文化・スポーツ・生涯学習に関するお問い合わせ
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.