府中市

府中市水害ハザードマップ

更新日:2020年5月15日

国土交通省は新たに、想定される最大規模の雨が降ったことにより河川が氾濫したら、どの程度町が浸水してしまうのかシミュレートした浸水想定区域図を昨年5月に公表しました。
 さらに、昨年9月には堤防が決壊して流れ出した氾濫流が、木造家屋を押し流したり、倒壊させたりするおそれがある範囲を示した「家屋倒壊等氾濫想定区域図(氾濫流)」と氾濫流によって護岸や土地が侵食され、建物が流失したり倒壊してしまう範囲を示した「家屋倒壊等氾濫想定区域図(河岸侵食)」を公表しました。

そこで本市では、多摩川の洪水によって引き起こされる水害のリスクや、河川が氾濫しそうになったとき、あるいは氾濫したときに、どうやって危険を察知したらよいのか、また、どうやって命を守る行動につなげていくのかといった水害に関する知識を、地図やイラストで解説した「府中市水害ハザードマップ」を作成しました。

注記1:在庫に限りがありますので、市外の方及び業者の方には原則として配布しておりません。下記よりダウンロードして、ご活用ください。
注記2:府中第五小学校(本宿町1-51)及び府中第十小学校(若松町4-29)は令和元年9月26日に土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に指定されたため、土砂災害のおそれがある場合には指定緊急避難場所(洪水)としての使用はいたしません。

関連情報

多摩川について想定し得る最大規模降雨による洪水浸水想定区域を指定・公表されました

多摩川の家屋倒壊等氾濫想定区域図が公表されました

お問合せ