このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

府中市環境方針

更新日:2016年4月1日

府中市は平成14年2月22日にISO14001の認証を取得しました。

市では、職員が自ら率先して事務事業に伴う環境負荷を低減するためにISO14001(JIS Q 14001)の認証を取得しました。ISO14001(JIS Q 14001)の規格では、環境負荷低減行動の全体的な原則を明らかにした方針を定めることが規定されているため、府中市の環境方針を次のとおり制定しました。今後は、この方針に基づいて環境マネジメントシステムを継続的に改善するとともに、省エネルギー、省資源を推進するなど、事務事業に伴う環境負荷を低減して行きます。

基本理念

私たち人類は、これまで自らの生活を豊かにするために活動を拡大し続けてきました。その結果、地球の資源を消費し、排気ガスや廃棄物など、環境に対して大きな負荷を与えてきました。
このまま環境への負荷を減らすことなく活動を続ければ、地球の環境は破壊され、生命の生存すら危ぶまれる状態となることは想像に難くありません。環境を守ることは、私たちに与えられた使命であると言えます。
地球環境問題は多くの複雑な問題を抱えています。いくつかの対策を実施したことで簡単に結果が出て解決されるというものではありません。問題の解決のためには、市民、事業者、行政がそれぞれの立場で、また、お互いに協力しながら、できるところから地道な努力を積み重ね、大量生産、大量消費、大量廃棄に裏付けられた社会経済活動や生活様式を見直し、社会全体を環境への負荷が少ない持続的発展が可能なものに変えて行くことが必要です。
府中市は、これまでも施策の中で環境にやさしいまちの創出を進めてきました。また、職員自らも環境負荷が少ない事務事業の実施を目指して、庁舎や各施設で省資源、省エネルギー、ゴミ減量、リサイクル、緑化などに努めてきました。しかし、最近の国際的な地球温暖化への取組みや生物多様性保全をはじめとする国内の環境に関する法律の制定など、新たな環境保全への対応が進展するなかで、府中市職員は、市が事業者でありかつ消費者であることをここでもう一度認識し直し、自ら環境負荷低減のための行動をこれまで以上に推進することにより、先導的な役割を担うことが環境問題解決のためにきわめて重要であると考えます。
今、私たち府中市職員は、できるところから、自主的、積極的、継続的に環境負荷低減のための活動を進めます。

基本方針

府中市は、自らが行う事務事業が環境に及ぼす影響を継続的に改善していくため、全職員が一体となって、環境保全活動に取り組みます。

1.「府中市職員エコ・アクションプラン」を推進するなかで、特に次の項目については優先して取り組み、事務事業に伴う温室効果ガスの排出を始めとする環境負荷の低減に努めます。
(1)電気、燃料、ガス等の使用量削減による省エネルギーの推進
(2)(かみ)、水道等の使用量削減による省資源の推進
(3)グリーン購入の推進

2.府中市環境基本計画に基づき、府中市環境行動指針に示す環境保全の取組を積極的に推進します。
3.公共工事の実施にあたっては、計画の段階から環境への影響に配慮し、環境負荷低減に努めます。
4.環境目的及び目標を設定し定期的な見直しを行い、環境負荷低減施策の継続的改善を進めます。
5.環境関連法令等を順守し、環境汚染の予防に努めます。

平成28年4月1日
府中市長 高野 律雄(たかの のりお)

お問合せ

このページは生活環境部 環境政策課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.