このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

行政不服審査制度

更新日:2017年5月23日

行政不服審査制度の目的

市の処分その他公権力の行使に当たる行為について、簡易迅速かつ公正な手続のもとで、広く市に対する不服の申立てをすることができる制度であり、市民の皆様の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保することを目的としています。

審査請求

市に対する不服の申立てを「審査請求」といい、審査請求の概要については、次のとおりです。

画像 図

審査請求期間

審査請求をすることができる期間は、処分のあったことを知った日から3か月以内です。ただし、処分があったことを知らなかった場合には、例外として処分のあった日から1年以内となります。

審理員

審査請求人から請求があると、その請求に関与していない職員のうちから審理員が指名され、審理員が審査請求人と処分庁(処分を行った課)の間で具体的な審理手続を行い、審理員意見書(審査庁がすべき裁決についての意見書)を作成します。なお、審理員の候補者については、次のとおりです。

府中市行政不服審査会

概要 

学識経験者で構成される府中市行政不服審査会が諮問を受け、審査庁がすべき裁決について、客観的な調査審議を行います。

開催結果(平成28年度)

新規ウインドウで開きます。平成28年度 府中市行政不服審査会開催結果

答申

府中市行政不服審査会の答申は、総務省の外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。行政不服審査裁決・答申検索データベース(外部サイト)において、内容を公表します。

裁決

審査請求に対する応答を裁決といい、これにより最終的な判断を示すこととなります。
なお、市の裁決は、総務省の外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。行政不服審査裁決・答申検索データベース(外部サイト)において、内容を公表します。

裁決の種類

却下

審査請求が不適法である場合に、却下となります。
≪不適法である場合の例≫

  • 審査請求が審査請求期間を過ぎてなされた場合
  • 審査請求の対象とする処分が存在しない場合
  • 審査請求の利益がない場合
  • 補正命令に従わなかった場合

棄却

審査請求が適法であるが、審査請求に係る処分に違法・不当な点が認められない場合に、理由がないものとして棄却となります。

認容

審査請求に理由がある場合に、認容となり、処分の取消し等を行います。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは政策総務部 法制文書課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.