このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

農業体験農園

更新日:2016年1月11日

農業体験農園とは、農業者が管理する農園で、利用者が、割り当てられた区画(くかく)で、農業者の指導を受けながら野菜作りを体験できる農園です。

利用の概要、特長などについてご紹介します。

利用の概要

対象

利用期間中、継続して農作業に取り組める市民

1区画(くかく)の面積

25~30平方メートル(農園ごとに異なります。)

利用料金

年額30,000円(入園料、作物代含む)

利用期間

3月から翌年1月末

年間を通して、季節の野菜作りを体験できます。
12月下旬に継続利用の意向を確認し、希望の場合、基本的に翌年も継続して利用することができます。

体験農園の特長

初心者でも野菜作りが楽しめます

苗や肥料、農具も園主(農家)が用意するので、手軽に体験できます。
体験農園では、農家さんの指導を受けることができるので、失敗が少なく野菜作りを楽しむことができます。

農業を通じたふれあいの場

市民農園と異なり、定期的に園主が講習を行うため農家と利用者の交流が深まります。
園主のもとで同じ作業を体験することを通じて、農業を通じた利用者間の交流も深まります。
農園によっては、講習以外に、収穫祭や野菜の調理法の情報交換会など、利用者同士の交流を深めるためのイベントが開催され、収穫の喜びを分かち合うことができます。

本格的な野菜作り

年間20種類以上の野菜を栽培します。
栽培する品目は、園主が計画した作付計画にもとづくため、自由に好きなものが作れる訳ではありませんが、季節に合った新鮮な野菜を栽培することができます。

作付図の一例を添付いたします。参考にご覧ください。作付図は、農園によって異なります。

体験内容

園主(農家)の指導のもと、月に2回~4回程度開催される講習において、土作り、種まき、苗の植え付け、管理、収穫等を体験します。

農園一覧(平成28年1月現在)

農園一覧
農園名 区画面積 所在地 講習日
市村農園 25平方メートル 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。押立町4丁目24・25番地(外部サイト) 土曜日、または日曜日の午前中
中村農園 30平方メートル 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。緑町2丁目14番地(外部サイト) 土曜日の午前中
河内農園 30平方メートル 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。若松町4丁目4番地(外部サイト) 日曜日の午前中
馬塲農園 30平方メートル 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。紅葉丘1丁目6番地(外部サイト) 金曜日の午後、または日曜日の午前中
小牧農園 30平方メートル 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。本宿町4丁目13番地(外部サイト) 土曜日、または日曜日の午前中

所在地をクリックすると地図(がいどまっぷ府中)が開きます。

入園者の募集について

毎年1月に『広報ふちゅう』と市ホームページでお知らせし、募集を受付します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは生活環境部 経済観光課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.