このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

喫煙と健康

更新日:2017年5月31日

毎年5月31日はWHO(世界保健機関)が定める「世界禁煙デー」です。

 今年のテーマは、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」です。
 日本では、世界禁煙デーに始まる1週間(5月31日から6月6日まで)を「禁煙週間」と定め、普及啓発を行っています。

知っていますか?たばこの影響

喫煙者は非喫煙者に比べ、寿命が10年縮まります

国立がん研究センターの調査によると、たばこの煙には約5300種類の化学物質が、その中には約70種類の発がん性物質が含まれており、血液を通じて全身に運ばれ、肺がんや胃がん、子宮頸がん等のがんや虚血性心疾患、脳卒中、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、歯周病などの原因となります。
また、妊娠中に喫煙すると、早産や低出生体重児が生まれる可能性が高くなることがわかっています。

有害物質は主流煙より副流煙の方が数倍多い!

たばこの煙には、喫煙者自身が吸い込む主流煙と、たばこの先から出ている副流煙があり、副流煙を吸い込んでしまうことを「受動喫煙」と言います。
副流煙には発がん性物質やニコチン、一酸化炭素などの有害物質が主流煙の数倍も含まれており、喫煙者本人だけでなく、周囲の人の健康にも悪影響を及ぼします。また、受動喫煙により、子どもにも乳幼児突然死症候群(SIDS)や喘息といった影響が出ることがわかっています。

健康づくりを禁煙から

「とりあえず」気軽に禁煙をはじめませんか

「これから先一生禁煙しよう!」と長期的な目標を最初から持つと、途中で疲れてしまいます。
禁煙を生涯成功させている人の多くは、何度かの失敗を繰り返しているそうです。
ぜひ、禁煙のコツを知って、気軽にはじめてみませんか?

禁煙外来などを上手に利用しましょう

つらいと思われがちの禁煙も禁煙補助薬を使うことで、禁煙後の離脱症状が緩和され、比較的楽に確実にすることが可能です。薬局で市販されているニコチンガムやニコチンパッチを使ったり、禁煙外来のある病院で禁煙治療を受けるのも良い方法です。一定の基準を満たせば、健康保険が適用されます。


禁煙治療に健康保険が適用される基準
以下の4つの条件を満たせば、12週間に4回の禁煙治療に健康保険が適用されます
(1)ニコチン依存症を判定するスクリーニングテストで5点以上、ニコチン依存症と診断された方

(2)喫煙指数(1日の喫煙本数×(かける)喫煙年数)が200以上
  (平成28年4月より35歳未満は(2)の要件がなくなりました)
(3)ただちに禁煙することを希望している方
(4)禁煙治療についての説明を受け、治療を受けることを文書により同意された方

府中市内で禁煙治療に保険が適用される医療機関の一覧です
(東京都福祉保健局 とうきょう健康ステーションホームページより抜粋)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは福祉保健部 健康推進課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.