このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

熱中症を予防しよう

更新日:2022年7月8日


 今年は観測史上最も早い梅雨明けとなり、気温や湿度が高い日が続いています。気象庁によると、平年と比べて全国的に気温が高く、暑い夏になることが予測されています。日頃から熱中症予防と早めの対策をとることが大切です。また、引き続き新型コロナウイルス感染症の対策にも気をつけなければなりません。熱中症と新型コロナウイルス感染症の予防対策を行い、夏を元気に過ごしましょう。

熱中症対策のポイント

厚生労働省より発表された熱中症予防啓発のためのポスターです。

マスクは環境に応じて着脱しましょう

 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、からだに熱がこもりやすくなり、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合や、会話がほとんどない場合はマスクを着用する必要性はないとされています。
 特にお子様や高齢者の方は、熱中症の危険性が高いため、適宜マスクを外して過ごしましょう。

 

環境省と厚生労働省より発表された熱中症および新型コロナウイルス感染症防止の啓発ポスターです。

こまめな水分補給

 マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。

 水分量の目安は1日に1.2リットルです。1.2リットルはコップ約6杯分です。

 また水分量だけでなく、1時間ごとにコップ1杯飲んだり、入浴前後や起床後もまずは水分補給する等の、こまめな補給が重要です。

室温と湿度を調節しながら換気をしましょう

 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓を開けて換気をする必要があります。

 この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

熱くならないよう服装やグッズを工夫しましょう

 涼しい服装を心掛け、外に出る際は日傘や帽子を活用しましょう。麻や綿の生地は通気性が良いです。
 外出時には休める場所をあらかじめ探しておくことも大切です。

 また体に密着した服装ではなく、ゆとりのある服装は風を通します。日傘や帽子は直射日光を避けることができます。

体調のセルフチェック

 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。

 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

お出かけ前に確認!暑さ指数(WBGT)と熱中症警戒アラート

 「暑さ指数(WBGT)」とは、環境省がその日の熱中症危険度を数値化・色分けして発表しているものです。外出時は天気予報や「暑さ指数(WBGT)」を参考に、暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう。府中市は、「暑さ指数(WBGT)」の測定地となっています。ぜひご活用ください。
 「熱中症警戒アラート」は、環境省及び気象庁が熱中症予防を目的として、暑さ指数(※)が33を超えると予測される地域に対して発表しています。同省のHP等やメール配信サービス等で熱中症警戒アラートをお知らせし、皆さんに注意を呼び掛けています。「熱中症警戒アラート」が発表されている時は、なるべく外出を避け、エアコン等を使用して涼しい環境で過ごすなど、普段以上の熱中症対策に努めましょう。


▽府中市の暑さ指数はこちら
(環境省ウェブサイト:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省熱中症予防情報サイト 暑さ指数 (env.go.jp)(外部サイト) )

▽環境省 すぐメールPlus+「熱中症警戒アラート」メール配信サービス
  外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://plus.sugumail.com/usr/env/home(外部サイト)

▽環境省 LINE公式アカウント
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://lin.ee/mj3KmWD(外部サイト)
 

高齢者・子ども・障がい者の方々は注意を

 高齢者の方は体温調節機能が低下するため、熱中症にかかりやすくなります。

 子どもは体温調整機能が未発達のため、上手に汗をかいて熱を逃がすことがまだできないことがあります。

 またベビーカーや車いすを使用している方は立っている人よりも、地面からの熱反射を受けやすいです。

 周囲の方からも高齢者・子ども・障がい者の方たちへ積極的な声かけをお願いいたします。

熱中症セルフチェック

 熱中症は作業内容や運動度、年齢等により、かかりやすさが変わります。日本気象協会が立ち上げている「熱中症ゼロへ」では作業内容・作業場所・年齢区分を入力すると、熱中症危険度が表示されます。運動や作業前に熱中症危険度を確認をし、十分な水分や冷却グッズを持ち、適切な服装を心がけましょう。

熱中症の症状

めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感ほか

熱中症になってしまったら

  • 涼しい環境(風通しの良い日陰や冷房の効いた所)へ避難
  • 衣服をゆるめ、体を楽にする。
  • 体を冷やす(冷たいタオル、氷や保冷剤などを首の周りや脇の下や足の付け根にあてる)
  • 水分、塩分補給。

注記:自力で水分補給できない場合や意識がない場合は早急に医療機関を受診(救急車要請)してください。
注記:救急車を呼ぶか迷った時には東京消防庁救急相談センター(#7119)へ。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは福祉保健部 健康推進課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.