このページの先頭です
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 教育委員会
  2. 申請・手続
  3. 日本スポーツ振興センター災害共済給付制度
本文ここから

日本スポーツ振興センター災害共済給付制度

更新日:2017年9月29日

 災害共済給付制度とは、学校の管理下で発生した災害(負傷、疾病、障害又は死亡)に対して、医療費や見舞金の給付を行う法律に基づいた共済制度です。(独立行政法人 日本スポーツ振興センター法)
 府中市では、市立小・中学校及び幼稚園(以下、「学校」という。)の管理下で災害が発生した場合に備えて、独立行政法人日本スポーツ振興センターと災害共済給付契約を結んでいます。また、共済掛金についても全額公費で負担しています。

給付を受ける際の手続き

 学校から請求に必要な書類をお渡ししますので、医療機関等に持参し証明を受けてから学校に提出ください。
 医療機関等で療養に要した費用を支払う際は、各種保険証を使用して自己負担分をお支払ください。その際、子ども医療証やひとり親家庭医療証等は使用しないでください。やむを得ず使用した場合は、医療機関等で申請書類を受ける際、「公費医療負担制度」の利用確認欄に記載をお願いしてください。また、学校に書類を提出する際にも、使用した旨をお伝えください。

提出書類

医療等の状況(病院用)

 災害共済給付金の申請をする際に、病院、診療所等医療機関で証明を受けるために使用する用紙です。

給付金口座振込依頼書

 振興センターからの給付金の振込先口座を指定いただく書類です。保護者の方がご記入いただき、学校へご提出ください。

調剤報酬明細書

 病院、診療所等で受診後、病院外の薬局で薬を処方した場合に使用する書類です。

医療等の状況(柔道整復師)・医療等の状況(はり師・きゅう師)

 柔道整復師または、はり師・きゅう師の施術を受けた場合に使用する書類です。ただし、マッサージ指圧、はり、きゅうの施術は、医療上必要があると認められるものが対象です。診療担当医の同意なしに行われた施術は、すべて医療費の支給対象になりませんのでご注意ください。

治療用装具・生血明細書

医師(柔道整復師を除く)により治療をする上で必要と認められ、当該傷病の治療中に購入し、装着した治療用装具を請求する際に使用する書類です。


災害共済給付制度については詳しく知りたい場合は、日本スポーツ振興センターのホームページをご覧ください。

お問合せ

このページは教育部 学務保健課が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

府中市教育委員会

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-335-4424(HPに関する問い合わせ)
e-mail:gaksoumu01(at)city.fuchu.tokyo.jp
注記:(at)を@に替えてご使用ください。
教育委員会・幼稚園・学校に関するお問い合わせ 文化・スポーツ・生涯学習に関するお問い合わせ
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.