このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
本文ここから

24年度常設展現代の美術

更新日:2013年2月1日

トークイベント「山田正亮と宇佐美圭司の絵画」

常設展で展示中の山田正亮(やまだまさあき)宇佐美圭司(うさみけいじ)の絵画にちなみ、長きにわたって絵画の可能性を探求した二人の画家について、松浦寿夫氏と林道郎氏がトークを行います。

日時

2月9日(土曜日)午後2時から4時まで

場所

常設展示室、講座室

参加

無料(常設展の観覧券が必要です。一般200円)

予約

不要

講師

松浦寿夫(まつうらひさお 画家、近代芸術の歴史/理論、東京外国語大学教授)
林道郎(はやしみちお 西洋美術史、美術批評、上智大学国際教養学部教授)

協力 アートトレイス

常設展内容

 都心に近い住宅地でありながら自然や農地が残る府中・多摩地域には、多くの美術家たちがアトリエを設けて、制作をしてきました。今回は、1960年代に府中市内にアトリエを構えた小山田二郎(おやまだじろう)をはじめ、この地域にゆかりの美術家たちの、1960年代から70年代の作品を紹介します。
 後半では、当館が開館から続けてきた「公開制作」プログラムの中で生まれた作品を、関連するテーマを持つ作品とともに紹介します。府中市美術館というアトリエを起点とする、戦後美術の多様な表現をお楽しみいただけます。

出品作家(展示構成順に記載)

  • 小山田二郎(おやまだじろう)(おやまだ・じろう)
  • 藪野健(やぶの・けん)
  • 佐藤多持(さとうたもつ)(さとう・たもつ)
  • 江田豊(えだ・ゆたか)
  • 松本英一郎(まつもと・えいいちろう)
  • 山田正亮(やまだまさあき)(やまだ・まさあき)
  • 高松次郎(たかまつ・じろう)
  • 宇佐美圭司(うさみ・けいじ)
  • 斎藤義重(さいとう・よししげ)
  • 篠原有司男(しのはら・うしお)
  • 中ザワヒデキ(なかざわ・ひでき)
  • 吉田克朗(よしだ・かつろう)
  • 境澤邦泰(さかいざわ・くにやす)
  • 辰野登恵子(たつの・とえこ)
  • 三木富雄(みき・とみお)
  • 若林奮(わかばやし・いさむ)
  • アバカノヴィッチ

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.