このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 展覧会
  4. 開催中・開催予定の企画展


サイトメニューここまで
本文ここから

開催中・開催予定の企画展

現在の展示

池内晶子 あるいは、地のちからをあつめて

池内晶子(1967年生まれ)は、絹糸をつないで帯や紡錘状のかたちにはりめぐらせ、周囲の空気を含んだ彫刻のような、空間に描いた絵画のような作品をつくってきました。絹糸は人の気配や吐息に敏感に反応して伸縮し、光を抱えて淡く放ちます。
繊細な素材との対話が、空間を大胆に変容させる、その刹那にどうぞお立ち合いください。

*作品画像
池内晶子《Knotted Thread-red-Φ18cm-Φ360cm》 2016-17年 絹糸 作家蔵
撮影:椎木静寧 協力:gallery 21yo-j

2021年12月18日(土曜日)から2022年2月27日(日曜日)まで

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

一般700円(560円)、高校・大学生350円(280円)、小・中学生150円(120円)

注記:お支払いは現金のみとなります。
注記:()内は20名以上の団体料金。
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
注記:常設展もご覧いただけます。
注記:府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。

これからの展示

春の江戸絵画まつり ふつうの系譜 「奇想」があるなら「ふつう」もあります―京の絵画と敦賀コレクション

敦賀市立博物館の江戸絵画の一部は、当館の「春の江戸絵画まつり」でもたびたびご覧いただいてきました。一体どんなコレクションなのか、興味を持つ方もいらっしゃることでしょう。そこで、その全貌をご覧いただくことにしました。やまと絵や円山四条派など、ひたすら美を追求した画家たちの作品によって、ひたすら美しい「非奇想」の世界に浸っていただきます。
*2020年に新型コロナウイルス感染症の影響により途中閉幕となった展覧会を再度開催いたします。

2022年3月12日(土曜日)から5月8日(日曜日)まで

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

一般700円(560円)、高校・大学生350円(280円)、小・中学生150円(120円)

注記:お支払いは現金のみとなります。
注記:()内は20名以上の団体料金。
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
注記:常設展もご覧いただけます。
注記:府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。
注記:2度目は半額!
   観覧券をお求めいただくと、2度目は半額になる割引券がついています(本展1回限り有効)。

主催 府中市美術館

特別協力 敦賀市立博物館

本文ここまで