このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
本文ここから

企画展

更新日:2017年11月4日

現在の展示

正宗得三郎

 正宗得三郎(とくさぶろう)は、絵は情熱で描くべきことを青木繁から、色彩は魔法のように用いるべきことをアンリ・マチスから、そして真実の世界を描くべきことを最後の文人富岡鉄斎から学びました。自らの絵画を「色彩の音楽」として(うた)いあげ、また独学の無名画家、長谷川利行の東洋的和魂(わこん)の画風をいち早く評価するなど、西洋絵画と拮抗しうる日本近代絵画の特質を訴え、南画(なんが)油彩(ゆさい)画との融和によって、日本的で柔らかな作品を生み出しました。

2017年11月3日(金曜日・祝日)から2017年12月28日(木曜日)まで

午前10時から午後5時(入場は4時30分まで)

一般観覧料700円、高校生・大学生350円、小学生・中学生150円

これからの展示

新規ウインドウで開きます。絵画の現在

 2000年の開館以来、現代の絵画を積極的に紹介してきた当館の成果を継承し、未来へつなげる企画展です。絵画の「いま」を、個性豊かな7名プラス1名の作品に探ります。

2018年1月13日(土曜日)から2018年2月25日(日曜日)まで

午前10時から午後5時(入場は4時30分まで)

一般観覧料700円、高校生・大学生350円、小学生・中学生150円

これまでの展示


フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

 「森と湖の国」、フィンランド。豊かな自然に囲まれる反面、夏は白夜、冬は極寒(ごっかん)という厳しい環境でもあります。そんな中で生まれたのが、自然と人との調和を基本に、日々の生活で長く愛されるデザインの数々です。
アルヴァ・アアルト、カイ・フランクらフィンランドを代表するデザイナー、マリメッコやイッタラなどデザイナーを支える企業にも焦点をあてながら、世界中で愛されるフィンランド・デザインの魅力を紹介します。

2017年9月9日(土曜日)から2017年10月22日(日曜日)まで

午前10時から午後5時(入場は4時30分まで)

一般観覧料900円、高校生・大学生450円、小学生・中学生200円

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.