このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

府中市に転入してきたとき

更新日:2016年2月10日

他の市区町村または国外から府中市に引越したときは、転入の届け出をしてください。

届出期間

新しい住所にお住まいになった日から14日以内
予定(未来の日付)での届け出は、受付できませんのでご注意ください。

注記:新しい住所に住み始めた日から14日を経過した場合でも転入の届け出はできますが、住民基本台帳法第53条の規定により過料に処される場合があります。

受付窓口

注記:住民基本台帳カード、個人番号カードをお持ちの方、外国人住民の方の転入の届け出は、総合窓口課で受付します。白糸台文化センター、西府文化センターでは、受付できませんのでご注意ください。

必要なもの

他の市区町村から転入された(かた)

  • 転出証明書(前住所の市区町村で発行されたもの。住民基本台帳カードをお持ちの方で前住所の市区町村に転出の届け出をされ「転出届の特例」の適用を受けられた場合は不要です。)
  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 個人番号カード(お持ちの方のみ)
  • 通知カード(お持ちの方のみ)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書または外国人登録証明書(外国人住民の(かた)のみ)
  • 世帯主との続柄を証する(しょうする)文書(世帯主でなく、世帯主との続柄が確認できない外国人住民の(かた)のみ)
  • 委任状(本人または同世帯の(かた)以外が申請する場合)
住民異動に関する委任状の要否
旧住所同世帯の(かた) 委任状が必要です
新住所同世帯の(かた) 委任状は不要です

注記:転入届は、転入した日付から14日以内に届け出なければならないとされているため(住民基本台帳法第22条)、届出のあった日には、既に居住の実態が転入地に移っていると判断されます。そのため、旧住所で同世帯であった(かた)でも、同世帯とはみなされず委任状が必要となりますのでご注意ください。

国外から転入された(かた)

  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • 帰国時に使用したパスポート
  • 帰国日が確認できる航空券の半券等(パスポートで帰国日が確認できない(かた)のみ)
  • 戸籍謄本・戸籍の附票(日本人住民の方で本籍地が府中市以外の(かた)のみ)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書またはまたは外国人登録証明書(外国人住民の(かた)のみ)
  • 世帯主との続柄を証する(しょうする)文書(世帯主ではなく、世帯主との続柄が確認できない外国人住民の(かた)のみ)
  • 委任状(代理人(別姓帯の(かた))が届け出をされる場合のみ)

注記1:届け出の際に記入していただく届出書については、「住民異動届」のページをご覧ください。
注記2:本人確認書類については、「本人確認実施のお知らせ」のページをご覧ください。
注記3:委任状の記入内容等については、「委任状」のページをご覧ください。

注記4:土曜開庁時については専用システムの都合により国外からの転入手続きはできません。平日のみのお手続きとなります。

住民基本台帳カード(住基カード)・個人番号カードをお持ちの方へ(注意事項)

特例転入手続きについて

事前に転出地で転出証明書を交付されない特例手続きを済ませ、お引越し後14日以内に総合窓口課で転入手続きをしてください。
転入手続きの際に、本人確認書類と印鑑及び該当者の住基カード、個人番号カードを提示していただき、継続利用の希望の有無を職員へお伝えください。
注記1:任意代理人によるお手続きの場合はさらに委任状が必要です。
注記2:期間を過ぎてしまうと、場合によっては特例手続きができず、転出証明書を転出地で取得していただかなくてはいけない場合があります。
注記3:土曜開庁時については、専用システムの都合により、特例転入手続きはできません。平日のみのお手続きとなります。

住基カード・個人番号カードの継続利用について

上記の転入手続きの際に継続利用の希望を伝えた場合、または転入時に何らかの理由で継続利用手続きができず、転入届出日から90日以内に手続きをされる場合は受付が可能です。
注記1:原則本人もしくは同世帯の(かた)からの届出に限られます。届出人(とどけでにん)の本人確認書類と印鑑をお持ちください。
注記2:手続きには、本人の住基カード、または個人番号カードと暗証番号が必要です。暗証番号が照合できない場合、お手続きできません。
注記3:転出予定日から30日以内もしくは転入日から14日以内のいずれか早い日までに転入手続きをされない場合、住基カード、個人番号カードは失効となるため、継続利用はできません。

転入に伴う手続きについて

転入に伴う手続き・内容・問合せ
手続き 内容 問合せ
印鑑登録 新たに登録の手続きをしてください。 総合窓口課窓口第1係
電話:042-335-4333
国民健康保険 新たに加入の手続きをしてください。 保険年金課保険税係
電話:042-335-4055
国民年金加入者 国民年金(1号)の方は、国民年金手帳を持って住所変更の手続きをしてください。 保険年金課年金係
電話:042-335-4066
国民年金受給権者 住所変更などの手続きをしてください。 保険年金課年金係
電話:042-335-4066
マル障受給者証 課税・非課税証明書、健康保険証、印鑑、障害者本人の口座番号のわかるものを持って、手続きしてください。 障害者福祉課援護係
電話:042-335-4162
身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳 住所変更の手続きをしてください。 障害者福祉課援護係
電話:042-335-4162
障害福祉サービス 障害認定を受けている方は、前住所地の福祉事務所長が発行した「障害程度区分認定証明書」、前住所地の市区町村長が発行した「市区町村民税課税(非課税)証明書」(18歳以上の方は本人及び配偶者、18歳未満の方は保護者のもの)を持って手続きしてください。 障害者福祉課援護係
電話:042-335-4962
後期高齢者医療保険 都内から転入の方は、保険証を持って手続きをしてください。
都外から転入の方は、負担区分等証明書を持って手続きをしてください。
保険証は後日郵送します。
保険年金課後期高齢者医療係
電話:042-335-4033
介護保険 要介護認定を受けている方は、受給資格証明書を持って14日以内に手続きしてください。 介護保険課資格保険料係
電話:042-335-4021
小・中学校(市立) 在学証明書・教科用図書給与証明書を持って手続きしてください。 学務保健課学務係
電話:042-335-4436
児童手当
児童扶養手当児童育成手当
乳幼児医療証・子ども医療証
ひとり親家庭等医療証
申請手続きをしてください。
なお、申請によって、資格の得られる日が異なる場合があります。
子育て支援課育成係
電話:042-335-4100
母子健康手帳 住所を書き直し、そのままご使用ください。 保健センター母子保健係
電話:042-368-5333
バイクなど 印鑑・他市区町村発行の廃車証明書を持って、登録の手続きをしてください。 総合窓口課窓口第2係
電話:042-335-4120
飼い犬の登録 決められた窓口で手続きしてください。 保健センター管理係
電話:042-368-5311
水道の使用開始 備え付け(そなえつけ)の水道使用開始申込書(封書)、または電話(右記)で手続きしてください。

都水道局多摩お客様センター
電話:0570-091-100(ナビダイヤル)
PHS、IP電話の(かた)
電話:042-548-5100

お問合せ

このページは市民部 総合窓口課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.