府中市

市民協働実感イベント「災害に強いまちを作ろう」を開催

更新日:2017年5月12日

住民主体のまちづくり事業「文化センター圏域自主防災連絡会」の活動を広く周知し、住民自身が災害に強いまちづくりを自分事として捉え、協働によるまちづくりを実感していただくことを目的に、連絡会の成果発表と基調講演を行いました。

自主防災連絡会とは?

文化センター圏域自主防災連絡会取組成果発表

今年度の取組である各圏域の特徴や強み・弱み、課題について、各文化センター圏域自主防災連絡会の代表者にご登壇いただき、成果を発表していただきました。

画像 取組成果発表

画像 取組成果発表2

画像 取組成果発表3

画像 取組成果発表4

強み・弱みマップ展示

連絡会の活動の中で、その地域に住む住民自らが協議しながら作成した防災上の強み・弱みマップを展示しました。

画像 マップ展示

画像 マップ展示2

画像 マップ展示3

画像 マップ展示4

基調講演「女性と男性の視点から考える地域防災」

「減災と男女共同参画研究推進センター」代表の浅野幸子氏を講師としてお招きし、基調講演を行いました。被災地で支援を行った経験などから、多様な主体、多様な人々を地域の防災活動に巻き込まなければいけない、多様な人々を巻き込むための取組について、ご講演いただきました。

画像 基調講演

画像 基調講演2

文化センター圏域自主防災連絡会の活動は、平成29年度は、今年度明らかにした地域の課題を踏まえて、各地域の強みを活かした防災対策、弱みを補完するための防災対策について検討していきます。
活動内容については府中市ホームページ等で公開していきます。

お問合せ