このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 展覧会
  4. 企画展関連情報一覧
  5. おもちかえりワークショプ2 うつわの人をつくろう!


サイトメニューここまで
本文ここから

おもちかえりワークショプ2 うつわの人をつくろう!

更新日:2021年2月9日

ワークショップ作品見本写真

「メイド・イン・フチュウ」展の作品を、おもちかえりしませんか?

美術家・高嶋英男のつくる《空壺の人》は、頭部が器の口のように開いています。
空洞であるために、見る人がさまざまに顔を想像することができます。
「うつわの人」頭が器のかたちをした人を、みなさんの手でつくってみませんか。

高嶋英男作品の展示風景
高嶋英男《からっぽに満たされる》 2020年 撮影:若林勇人

用意するもの

  • はさみ
  • のり
  • お気に入りのカップ(取っ手付き)
  • ワークショップシート

ワークショップシートは、「メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年」展会場で配布しています。
注記:会場での配布は会期終了の2月28日までです。
こちらでダウンロードもできます。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。うつわの人ワークショップシート青(PDF:4,727KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。うつわの人ワークショップシートグレー(PDF:940KB)

用紙は少し厚手の方が、工作がしやすいです。

作り方

  • 用紙から「うつわの人」の服を切り抜き(A、B2枚)、貼り合わせます。
  • 中に手を差し込み、カップを上にのせます。

詳しくは、ワークショップシートの説明文をご覧ください。

高嶋英男(たかしまひでお)

1981年東京都府中市生まれ。2014年東京芸術大学大学院彫刻専攻修了。日本画、工芸、彫刻を専門的に学んだことを生かして、さまざまな技法や考えをミックスして、人や動物の姿を作り出している。
2019年から2000年にかけて、公開制作室で等身大の人体像を、粘土を手びねりで制作。釜で焼成し絵付けして完成させた作品は、開催中の展覧会「メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年」展に展示中。

もっと高嶋さんについて知りたい方へ
高嶋さんのインタビューはこちらからご覧になれます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://made-in-fuchu.com/archive/interview002/(外部サイト)

公開制作中の高嶋英男
公開制作中の高嶋英男 2020年 府中市美術館公開制作室にて

おもちかえりワークショップ1もあります!

おもちかえりワークショップ1「風景の中の立方体」も開催中です。
用紙は会場で配布しています。インスタサイトはこちらです。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.instagram.com/made_in_fuchu/(外部サイト)
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.