このページの先頭です


ページ番号:253166340

子宮頸がん検診

最終更新日:2023年5月30日

注記:令和5年度がん検診の申込み受付は終了しました。
 子宮頸部に発生するがんを早期に発見し、治療につなげることを目的として、20歳以上の女性市民を対象に市内協力医療機関で子宮頸がん検診を実施します。

対象

平成16年3月31日以前生まれの女性市民(令和6年3月31日時点で20歳以上になる(かた)
注記:
1. 受診できるのは、2年に1回です(令和4年4月1日以降に市の子宮頸がん検診を受けた(かた)は、今年度は受診できません)。また、職場などで受診の機会がある(かた)は、そちらをご利用ください。
2. 次の(かた)は市の検診は受診できません。

  • 妊娠中または妊娠の可能性のある(かた)
  • 子宮の病気で治療中または経過観察の(かた)

検診期間

前期(6・7・8・9月)
後期(10・11・12・1月)
注記:申し込み時に検診月日の指定はできません。

検診場所

市内協力医療機関

費用

500円
注記:生活保護世帯・中国残留邦人等の(かた)は、「受給証明書」を検診当日持参することにより無料で受けられます。後日持参による検診費用の払戻しはできませんので、忘れずにお持ちください。
(生活保護世帯は、市役所6階生活福祉課へ、中国残留邦人等の(かた)は、市役所7階地域福祉推進課へ)

内容

問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診

申込み

申込み前にご確認ください

令和5年4月1日から令和6年3月31日の間に21歳、23歳、25歳、27歳、29歳、31歳、33歳、35歳、37歳、39歳になる(かた)には、受診券を郵送(5月下旬)します。申込みは不要です。受診券がお手元に届きましたら、市内協力医療機関に直接予約をして受診してください。(受診期間は6月から翌年1月)
受診券を郵送する年齢
21歳(平成14年4月1日から平成15年3月31日生まれ)
23歳(平成12年4月1日から平成13年3月31日生まれ)
25歳(平成10年4月1日から平成11年3月31日生まれ)
27歳(平成8年4月1日から平成9年3月31日生まれ)
29歳(平成6年4月1日から平成7年3月31日生まれ)
31歳(平成4年4月1日から平成5年3月31日生まれ)
33歳(平成2年4月1日から平成3年3月31日生まれ)
35歳(昭和63年4月1日から平成元年3月31日生まれ)
37歳(昭和61年4月1日から昭和62年3月31日生まれ)
39歳(昭和59年4月1日から昭和60年3月31日生まれ)

申込期間

注記:令和5年度がん検診の申込み受付は終了しました。
前期は、令和5年4月14日(金曜日)から6月23日(金曜日)まで
後期は、令和5年8月4日(金曜日)から10月20日(金曜日)まで
注記:当日消印有効 (申込期間外の受付はできません)

申込方法

「がん検診申込用紙」または、窓口のいずれかで申し込みください。
1. 「健康応援ガイド」と一緒に配布している「がん検診申込用紙」に必要事項を記入し、84円切手を貼って投函してください。
申込用紙の書き方は、「令和5年度府中市健康応援ガイド」をご覧ください。

注記:通常はがき(1人1枚)でも申込みできますが、記入漏れがあった場合は受け付けできませんのでご注意ください。また、住民票の住所でお申込みください。
必要事項:「子宮頸がん検診希望」、氏名(ふりがな)、生年月日、性別、住所、電話番号を記入して、保健センター(府中町2丁目25番地)へ

2.保健センター窓口
保健センター3階成人保健係(府中町2丁目25番地)、月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(祝日を除く)

その他

検査の際、細胞を採取するため少量の出血がみられる場合があります。
検診の結果、精密検査が必要となられた場合には、必ず医療機関を受診してください。

問合せ

健康推進課成人保健係 (電話:042-368-6511(直通))

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。 Get Adobe Reader

お問合せ

このページは福祉保健部 健康推進課が担当しています。

本文ここまで