このページの先頭です


ページ番号:858884286

がん検診

注記:令和5年度がん検診の申込み受付は終了しました。

令和5年度がん検診

40歳(子宮(けい)がんは20歳)になると、市で(おこな)っている「がん検診」が受けられます。
日本人の2人に1人は、一生のうちに何らかのがんに(かか)ると言われるほど、がんは誰にでもなり得る身近な病気です。市では、検査方法・対象年齢・受診間隔について、国で定めた指針に基づいて実施しています。各がん検診により会場等が異なりますので、当ホームページ、または「令和5年度府中市健康応援ガイド」をご確認のうえ、お申込みください。

5がん検診
検診名 内容 対象者 検診場所 費用
(注記3)
胃がん検診 新規ウインドウで開きます。胃部X線検査(バリウム造影) 40歳以上
(昭和59年3月31日以前生まれ)
保健センター 500円
新規ウインドウで開きます。胃内視鏡検査 50歳以上74歳以下(注記2)
(昭和24年4月1日から昭和49年3月31日生まれ)
市内外
協力医療機関
2,500円
新規ウインドウで開きます。大腸がん検診 便潜血検査(2日法) 40歳以上
(昭和59年3月31日以前生まれ)
保健センター 1検診
500円
新規ウインドウで開きます。肺がん検診 胸部X線検査、喀痰細胞診
(注記1)
40歳以上
(昭和59年3月31日以前生まれ)
保健センター
新規ウインドウで開きます。乳がん検診 マンモグラフィ検査 40歳以上の女性 (注記2)
(昭和59年3月31日以前生まれ)
市内協力医療機関
(東府中病院)
新規ウインドウで開きます。子宮頸がん検診 問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診 20歳以上の女性 (注記2)
(平成16年3月31日以前生まれ)
市内協力医療機関

注記1:喀痰細胞診は、50歳以上で喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が600以上の(かた)に追加実施されます。
注記2:受診間隔は2年に1回です。令和4年4月1日以降に受診された方は(かたは)、今年度お申し込みできません。
注記3:生活保護世帯・中国残留邦人等の方は(かたは)、「受給証明書」を検診当日持参することにより無料で受けられます。後日持参による検診費用の払戻しはできませんので、忘れずにお持ちください。
注記4:保健センターで実施する検診を複数申込みの方は(かたは)、できる限り同日でご案内しますが、希望に添えない場合はご了承ください。

市から個別に受診案内・受診券をお送りする年齢

令和5年4月1日から令和6年3月31日の間に、次の年齢になる(かた)に受診案内、または受診券をお送りします。お手元に届きましたら、受診方法をご確認ください。

  • 子宮(けい)がん検診 21、23、25、27、29、31、33、35、37、39歳になる女性(5月下旬に受診券を送付)
  • 乳がん・大腸がんのセット検診 41、43、45、47、49、51、53、55、57、59歳になる女性(4月中旬頃に受診案内を送付)

注記:令和4年4月1日以降に受診していない(かた)にお送りします。

【関連情報】令和5年度府中市健康応援ガイド(4月に全戸配布)

問合せ

健康推進課成人保健係(電話:042-368-6511(直通))

本文ここまで