このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

府中市で行う定期予防接種について

更新日:2017年4月1日

市で実施している定期予防接種は、次のとおりです。

対象年齢について

年齢(月齢)については、出生日より起算し、誕生日(該当月日)の前日に年齢(月齢)が加算されますので、対象となる日の前日から、対象年齢が満了となる日までとなります。
注記:3か月~7歳6か月未満は、3か月になる前日から7歳6か月になる前日までとなります。
なお、長期にわたる重篤な疾病(じゅうとくなしっぺい)等にかかっていたなどの特別な事情により対象年齢のうちに定期予防接種を受けられなった方については、接種可能となった時から原則2年間は、定期予防接種として接種可能です。事前の手続きが必要となりますので接種を希望される時は、健康推進課母子保健係(電話:042-368-5333)へお問い合わせください。

府中市で行っている定期予防接種一覧表
種類 対象年齢 回数 接種方法 通知時期
ヒブワクチン 2か月~5歳未満 4回~1回
(接種開始月齢によって異なります。)
・協力医療機関での個別接種
・標準的接種:生後2か月~7か月未満に接種を開始し、1歳未満に27日以上の間隔で初回3回、3回目の接種後7か月あけて追加1回
1か月になる月末
小児用肺炎球菌ワクチン 2か月~5歳未満 4回~1回
(接種開始月齢によって異なります。)
・協力医療機関での個別接種
・標準的接種:生後2か月~7か月未満に接種を開始し、1歳未満に27日以上の間隔で初回3回、3回目の接種後60日以上あけて1歳以降に追加1回
1か月になる月末
BCG 1歳未満 1回 ・協力医療機関での個別接種
・標準的接種期間:生後5か月~8か月未満
1か月になる月末
DPT-IPV(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ) 3か月~7歳6か月未満 4回 ・協力医療機関での個別接種
・標準的接種:1期初回を20日から56日までの間隔で3回、その後1期追加を3回目終了後、1年の間隔で1回
1か月になる月末
不活化ポリオ(急性灰白髄炎) 3か月~7歳6か月未満 4回 ・協力医療機関での個別接種
・標準的接種:1期初回を20日から56日までの間隔で3回、その後1期追加を3回目終了後、1年の間隔で1回
DT(ジフテリア・破傷風) 11歳~13歳未満 1回 協力医療機関での個別接種 10歳11か月になる月末
水痘ワクチン(水ぼうそう) 1歳~3歳未満 2回 ・協力医療機関での個別接種
・標準的接種:1歳から1歳3か月までに1回、その後6~12か月の間隔で1回
・今までに水痘ワクチンの接種を受けたことがある場合は、既に接種した回数を定期接種とみなし、残りの回数分のみ接種。
・水痘にり患した場合は、接種対象外
11か月になる月末
MR(麻しん風しん)第1期 1歳~2歳未満 1回 協力医療機関での個別接種 11か月になる月末
MR(麻しん風しん)第2期 小学校就学前年度の1年間 1回 協力医療機関での個別接種 小学校就学前年度の4月
日本脳炎第1期 3歳~7歳6か月未満 3回 ・協力医療機関での個別接種
・標準的接種:1期初回を6日から28日までの間隔で2回、その後1期追加を2回目終了後、1年の間隔で1回
2歳11か月になる月末
日本脳炎第2期 9歳~13歳未満 1回 協力医療機関での個別接種 9歳になる月
日本脳炎特例2期
(平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方)
9歳~20歳未満 1回 ・協力医療機関での個別接種 平成11年4月2日~平成12年4月1日,平成13年4月2日~平成14年4月1日生まれの方に平成29年7月
子宮頚がん予防ワクチン 小学6年生から高校1年生の年齢に相当する女性市民 3回 ・協力医療機関での個別接種 積極的勧奨差控え中
B型肝炎ワクチン 1歳未満(ただし平成28年4月1日以降生まれの方) 3回 ・協力医療機関での個別接種 1か月になる月末

予防接種を受ける時の注意事項

  • 予防接種を受ける際は、必ず母子健康手帳を持参してください。
  • 医療機関へは、必ず保護者の(かた)が同伴してください。
  • 医療機関に行く前に、必ず電話予約をしてください。
  • 医療機関に行く前に、「予防接種ガイドブック」等を読み、接種する予防接種について理解を深めてから接種してください。
  • 予防接種の予診票(よしんひょう)は、保護者の(かた)が記入してください。

・短期間に複数の予防接種を受ける場合には、各予防接種との接種間隔等を十分に確認してから受けましょう。

他の予防接種との接種間隔について

接種間隔表
  先に受けるワクチン 間隔 次のワクチン
生ワクチン BCG、MR、麻しん、風しん、水痘、ロタ、おたふく 27日以上の間隔をおく ・生ワクチン
・不活化ワクチン
不活化ワクチン ヒブ、小児用肺炎球菌、4種混合(DPT-IPV)、不活化ポリオ、DT、日本脳炎、子宮頚がん、インフルエンザ、B型肝炎 6日以上の間隔をおく ・生ワクチン
・不活化ワクチン

注記(1):ヒブとヒブ、小児用肺炎球菌と小児用肺炎球菌は、27日以上あける。
注記(2):4種混合と4種混合、不活化ポリオと不活化ポリオは、20日以上あける。

問合せ

健康推進課母子保健係
電話:042-368-5333

関連情報サイト

お問合せ

このページは福祉保健部 健康推進課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.