このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

分譲マンションの耐震助成制度

更新日:2021年9月7日

府中市では、府中市耐震改修促進計画に基づき、市内の分譲マンションの安全性の確保及び向上を図ることを目的とし、分譲マンションの管理組合へ耐震化に要する費用を支援することで耐震化を促進し、災害に強いまちづくりを目指します。
令和3年度より市内の旧耐震基準(昭和56年5月31日以前に建築されたもの)の分譲マンションを対象に、耐震アドバイザー派遣費用及び耐震診断費用の一部を助成する制度を創設しました。

対象となる分譲マンション

以下の全ての項目に該当する分譲マンションの耐震化に要する費用について、助成制度の対象となります。

  • 2以上の区分所有者が存する分譲マンションであって、人の居住の用に供する専有部分があるもの

 注記:店舗等の用途を兼ねるもので、店舗等の用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1未満のものも
  含みます。

  • 昭和56年5月31日以前に建築基準法に基づく確認を受けて工事着手したもの
  • 耐火建築物又は準耐火建築物であること
  • 地階を除く階数が3階以上のものであること
  • 緊急輸送道路沿道建築物ではないこと

助成対象者

  • 助成対象となる分譲マンションの管理組合であること
  • (耐震アドバイザー派遣を除く)耐震診断の実施について、管理組合の集会(総会)の議案として取りまとめ、区分所有法で定める承認に必要な区分所有者の数以上の者の承認を得て決議をしてあること

助成制度の概要

助成制度の概要は次のとおりです。なお、詳細につきましては助成事業案内をご覧ください。

耐震アドバイザー派遣助成

  • 耐震アドバイザーから直接現地の分譲マンションにて相談や助言を受けるための派遣費用を助成します。
  • 相談等は、1つの管理組合につき5回まで可能です。
  • 1回あたり5万円を限度とします。

助成額 派遣に要した費用の10分の10(ただし、5万円を超える場合は5万円とする)

耐震診断助成

  • 分譲マンションの耐震診断に係る診断費用の一部を助成します。

助成額 耐震診断に要した費用の3分の2(ただし、200万円を超える場合は200万円とする)

申請手続き

申請手続きの窓口は住宅課住宅安全係(府中市役所府中駅北第2庁舎5階)となります。ただし、助成金の交付申請を行う前に、必ず事前協議を行ってください。
また、助成金の交付申請を行う前に事業者と耐震アドバイザー派遣又は耐震診断の契約を行った場合、助成金は交付できなくなりますので、ご注意ください。

助成要綱

添付書類一覧

申請書等ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは都市整備部 住宅課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.