府中市

市指定有料袋の減免申請(家庭用ごみ袋の交付)について

更新日:2021年2月1日

概要

市では、一定の条件に該当する世帯を対象に、ごみ処理手数料の減免措置として、市指定有料袋(家庭用ごみ袋)を交付しています。減免対象期間は毎年4月から翌年3月までの1年間で、対象となる世帯は毎年申請が必要です。

対象世帯

(1)生活保護法により生活扶助を受けている世帯
(2)児童扶養手当を受けている世帯
(3)特別児童扶養手当を受けている世帯
(4)身体障害者手帳1級若しくは2級の交付を受けている方があり、全員が市民税非課税である世帯
(5)精神障害者保健福祉手帳1級若しくは2級の交付を受けている方があり、全員が市民税非課税である世帯
(6)東京都愛の手帳1度若しくは2度の交付を受けている方があり、全員が市民税非課税である世帯
(7)中国残留邦人等の支援給付を受けている世帯

注記:複数の要件に該当していても、交付は各年度1世帯につき1回です。
注記:東日本大震災の災害に伴い府中市内に避難された世帯については、東日本大震災の被災者等に対する市指定の有料ごみ袋等の減免についてをご確認ください。

交付枚数

 世帯員数による袋のサイズ及び配布枚数は次のとおりです。
世帯員数 袋のサイズ 1年間の交付枚数(4月分から翌年3月分)
2人までの世帯 S袋(10リットル)

燃やすごみ、燃やさないごみ、容器包装プラスチックの3種類合計
最大160枚

3から4人の世帯 M袋(20リットル)
5人以上の世帯 L袋(40リットル)

注記:各種類の組合せは、10枚単位で自由に組合せ可能です。
注記:年度途中の申請の場合、申請を行った日の翌週からの週数に応じてあん分した枚数を交付します。
注記:袋のサイズ交換はできません。また1度交付した袋の種類の変更もできません。
注記:申請の際には、あらかじめ袋の種類の組合せ内容を考えたうえ、持ち帰るための袋を持参してください。

受付場所・受付時間

【新型コロナウイルス感染拡大防止について】
 注記:混雑を防ぐため、出来るだけ一世帯お一人での来庁をお願いします。
 注記:来庁時は手指の消毒、マスク着用等の咳エチケットにご協力をお願いします。

令和3年2月19日(金曜日)から3月5日(金曜日)まで

 場所:市役所北庁舎3階 第3会議室
 時間:午前9時から午後5時(日曜日・祝日・振替休日を除く)
 注記:上記期間中の土曜日は午前9時から午後4時で受付を行います。

令和3年3月8日(月曜日)から

 場所:市役所東庁舎6階 ごみ減量推進課
 時間:午前8時半から午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・振替休日を除く)

申請に必要なもの

(1)生活保護を受けている世帯

(2)児童扶養手当を受けている世帯

(3)特別児童扶養手当を受けている世帯

(4)身体障害者手帳1級若しくは2級の交付を受けている方があり、全員が市民税非課税である世帯

(5)精神障害者保健福祉手帳1級若しくは2級の交付を受けている方があり、全員が市民税非課税である世帯

(6)東京都愛の手帳1度若しくは2度の交付を受けている方があり、全員が市民税非課税である世帯

(7)中国残留邦人等の支援給付を受けている世帯

注記:(2)、(3)の証書の有効期限が令和3年3月31日(水曜日)までの方は、令和3年度分の配布の対象外です。
注記:(4)、(5)、(6)で令和2年1月1日時点で府中市に住所を有していない方は、府中市では市民税の課税状況の確認が出来ませんので、令和2年1月1日時点で住所を有していた区市町村の令和2年度非課税証明書(世帯全員分)が必要となります。

代理申請

対象となる本人が申請できない場合には、代理申請が可能です。上記の申請に必要なもののほかに、代理で申請を行う方の印鑑及び本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カード、旅券(パスポート)など)が必要となります。

お問合せ