このページの先頭です


ページ番号:778328394

令和5年度協働事業提案制度(公開プレゼンテーションを開催します)

最終更新日:2022年10月6日

市では、「きずなを紡ぎ 未来を拓く 心ゆたかに暮らせるまち 府中」の実現に向けて、市民と市との協働によるまちづくりを進めています。
そこで、地域課題や社会的な課題の解決に向けて、市民が自ら企画・提案し、役割分担に基づき市と協働で実施する事業の提案をいただいた事業について、公開プレゼンテーションを実施します。

公開プレゼンテーション

日時

令和4年10月7日(金曜日)午後2時から

会場

府中市市民活動センタープラッツ第1会議室A

定員

10人(先着)

内容

団体による協働事業の提案・説明、審査員による質疑

令和5年度提案型協働事業・提案団体一覧

提案型協働事業・提案団体・市担当課一覧
発表順   時間 事業名 団体名 市担当課
1

行政提案型協働事業

午後2時05分から午後2時25分 VUCA時代のほっこりするご近所づきあい 合同会社STERAUM 産業振興課
2 市民提案型協働事業

午後2時25分から午後2時45分

うたうまち府中プロジェクト うたうまち府中プロジェクト実行委員会 文化生涯学習課
3 市民提案型協働事業 午後2時45分から午後3時05分 府中市・共生タウン化プロジェクト 府中視覚障害者福祉協会 障害者福祉課

協働事業提案制度

この制度には、次の2種類があります。

制度一覧
制度名 概要
市民提案型協働事業 市民の自由な発想に基づき、協働事業の実施を市に対して提案できる制度です。
行政提案型協働事業 市が定めた地域課題に係るテーマに基づき、協働事業の実施を市に対して提案できる制度です。

事業実施期間

令和5年4月から令和6年3月まで

応募資格

法人

法人格を有すること

法人格のない市民活動団体

構成員が5人以上で、過半数が市内在住・在勤・在学の方である、または市内に活動拠点がある団体

対象事業

  • 市民サービス向上の観点から、地域課題や社会的な課題の解決に向けて、具体的な効果や成果が期待できる事業
  • 原則として単年度(※)で完了する事業

※単年度とは、令和6年3月31日までに完了する事業のことをいいます。

「行政提案型協働事業」募集テーマ

令和5年度行政提案型協働事業の募集テーマは、次のとおりです。

募集テーマ
  募集テーマ 募集概要 主管部課名

1

商店街の空き店舗を活用した商店街活性化事業

商店街の空き店舗を活用し、子どもや子育て世帯が集まる場を設置する。そして、集まった人々が商店街を利用し、商店街が活性化する仕組みづくりを行う。

生活環境部産業振興課
2 マイナンバーカード交付 マイナンバーカード普及促進のためのPR事業 市民部総合窓口課

事業の詳細については、事業概要書をご覧ください。

募集要領及び様式

事業の流れや応募方法等の詳細については、募集要領をご覧ください。

注記:募集要領及び様式は、府中駅北第2庁舎3階協働推進課、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。府中市市民活動センター プラッツ(外部サイト)でも配布しています。

注意事項

  • 本事業については、令和5年度予算の可決後に正式に実施が決定されます

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。 Get Adobe Reader

お問合せ

このページは市民協働推進部協働共創推進課が担当しています。

電話:042-335-4414
FAX:042-365-3595
電子メール:新規ウインドウで開きます。siminkyodo01@city.fuchu.tokyo.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

協働事業提案制度

サブナビゲーションここまで