府中市

精神障害者などの医療費の公費負担

更新日:2020年5月21日

自立支援医療(精神通院)

対象・内容

通院治療が必要な精神疾患のある方が、指定する1か所の病院、診療所、薬局などで精神障害の医療を受ける場合に、その医療に必要な費用の90パーセントを保険者と公費で負担し、10パーセントを自己負担します。
なお、病名によって自己負担限度額が設定され、住民税非課税世帯の場合は、自己負担限度額分を助成します。

申請に必要なもの

受給者証の交付

申請により、「自立支援医療受給者証(精神通院)」を交付します。

有効期間

受給者証の有効期間は申請を受理した日から1年間で、更新の場合は、同様の手続きが必要です。

新型コロナウイルス感染症対策のための自立支援医療(精神通院)の有効期間の延長について

新規ウインドウで開きます。「新型コロナウイルス感染症対策のための自立支援医療(精神通院)の有効期間の延長について」のページをご覧ください。

児童の入院

対象・内容

18歳未満の児童が、精神障害の治療のため精神科に入院している場合に、各種健康保険の自己負担分(一部食事代を除く)を公費で負担します。
なお、18歳を超えても引き続き医療を受ける場合は、20歳未満まで対象となります。

申請に必要なもの

医療券の交付

申請により医療券を交付します。

認定期間

認定期間は1年間を限度とし、継続の場合は、同様の手続きが必要です。

受付窓口

障害者福祉課援護係

問合せ先

所属名:福祉保健部障害者福祉課
電話:042-335-4162
ファックス:042-368-6126
e-mail:syougai01@city.fuchu.tokyo.jp

お問合せ