府中市

障害福祉サービス・地域生活支援事業

更新日:2020年7月17日

対象

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 厚生労働省ホームページ 障害者総合支援法の対象疾病(難病等)


注記:介護保険の対象となる方は、介護保険の制度が優先されます。

内容

介護給付

居宅や施設で暮らしていくためのサービスが受けられます。主なサービスは次のとおりです。

訓練等給付

身体機能や生活能力向上のための訓練サービスや、就労支援のサービス、生産活動等の機会の提供のサービスが受けられます。主なサービスは次のとおりです。

地域相談支援給付

入所施設や精神科病院から退所・退院し地域に移行する際や、移行した後の地域生活のための支援を受けられます。

障害児通所給付

18歳未満(一部サービスは20歳未満)の障害児を対象とする、療育や放課後活動等の通所サービスを受けられます。主なサービスは次のとおりです。

注記:サービスによっては、利用できる年齢が限られているものがあります。

サービス等利用計画・障害児支援利用計画について

障害福祉サービス・障害児通所支援サービスを利用するには、サービス等利用計画等が必要となります。
サービス等利用計画等は、指定特定相談支援事業者・障害児相談支援事業者が作成する計画と、事業者に代わり、ご本人やご家族等が作成する計画(セルフプラン)があります。事業者による計画作成をご希望の場合は、援護担当・精神保健担当へご相談ください。セルフプランについては新規ウインドウで開きます。こちらをご確認ください。

地域生活支援事業

障害のある方の外出をサポートする移動支援事業と、日中における活動の場を提供する日中一時支援が受けられます。
注記:難病患者等については、対象外となり

申請手続など

サービスの利用を希望される場合は、障害者福祉課までご相談ください。
相談内容に基づき、家庭訪問や障害支援区分認定など、必要な手続きをご案内します。
利用するサービスによっては、申請から利用まで2か月程度の時間がかかる場合があります。

申請に必要な書類

注記:その他、課税・非課税証明書や、通院先の分かるもの、保険証のコピー等が必要になる場合があります。事前に電話でお問い合わせください。

サービスの利用にあたって

サービスの支給が決定すると、定められた支給量の中でサービスを利用することができます。
利用するヘルパー事業所や通所をする事業所は、利用者が選択できるようになっていますので、市役所から発行された受給者証などに基づき、契約を行ってください。
事業所や通所先の一覧は障害者福祉課で配布しています。
東京都指定の事業所は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)で検索できます。

費用について

原則として、利用するサービス利用料の1割が自己負担となります。ただし、月ごとに定められた負担上限額以上の負担は発生しません。サービス利用料は利用するサービス毎に異なります。
また、通所サービスを利用した場合にかかる食費等、一部費用は全額自己負担となります。

受付窓口

身体・知的障害のある方及び難病患者等

障害者福祉課援護担当(市役所西庁舎1階23番窓口)

精神・発達・高次脳機能障害のある方

障害者福祉課精神保健担当(市役所西庁舎1階23番窓口)

問合せ先

所属名:福祉保健部障害者福祉課
電話:042-335-4962
ファックス:042-368-6126
e-mail:syougai01@city.fuchu.tokyo.jp

お問合せ